コラム

第5回国会選挙が、イラク政界にもたらす新しい風

2021年10月20日(水)11時00分

だが、結局は2006年から8年間一貫して、海外由来のシーア派イスラーム主義勢力の、特にヌーリー・マーリキー(2006~14年首相)率いる保守派が政権中枢を占めてきた。2014年に「イスラーム国(IS)」がイラクの治安を脅かしてマーリキーが退陣すると、同じシーア派イスラーム主義だが中道派のハイダル・アバーディに首相位が移った。しかし、結局、保守派と中道派、そして同じく海外由来のイヤード・アッラーウィ率いる世俗派のベテラン政治家が支配政治エリート層を形成し、その間で権力をたらいまわしにして利権を山分けする構造には変わりがなかった。

一方、少数派のスンナ派は、これらの支配エリートとうまく連立を組んだり(世俗派が主に連立相手になった)、独自路線を追求してキャスティングボートを握ったりして、発言力を高めようとしてきた。

その、支配エリートの権力独占に反発し続けてきたのが、サドル派である。上記の支配エリートと異なり、海外に逃げることもせず、80年代のイラン・イラク戦争、90年代の経済制裁による国際社会からの途絶のなかで、貧困層や若年層の間に支持を広げてきた。反権力、反エスタブリッシュメントを掲げるサドル派には、イスラーム主義勢力だけでなく、世俗派のワーキングプアも合流した。2018年の選挙では、共産党と連立を組んだのである。

サドル派は当選者のほぼ全員が新人候補

2018年以降、サドル派が第1党に選ばれてきたのは、2003年以降海外から出戻ってイラク政治を牛耳ってきた支配政治エリートの与党勢力に対して、有権者が「ノー」を言い続けているからだ。そして、そのことは、各政党の選挙政策、候補者の立て方をみれば、よくわかる。

なにより興味深いのは、サドル派の当選者のほぼ全員が、新人候補である。再選を目指した前職議員は、ほとんどいない。2018年の選挙でもそうだが、中央政府や地方自治体で名を挙げたから当選した、というような例は少なく、地元の「知る人ぞ知る」的な候補の立て方である。無名の党員に次々にチャンスを与える、という方針だろう。

これに対照的なのが、マーリキーやアッラーウィなど、元首相級が率いる与党経験政党である。彼らは、中央政界や地方議会で活躍したとの名声をもとにしたベテラン議員を擁立することで、票を獲得しようとしてきた。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発発射、弾道ミサイルと推定と韓国軍

ビジネス

サムスン電子、第4四半期利益は過去4年で最高 供給

ワールド

米、安全保障巡り書面回答 ロシアは新たに軍事演習

ビジネス

米FRBが3月利上げ示唆、インフレ抑制へパウエル氏

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中