最新記事

ライフスタイル

薬物依存

薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克服の戦いと家族の再生

2021.07.29
ヘルス

ワクチン接種が進む今こそ感染予防の基本を確認 正しい手指消毒を学べる液体

2021.07.27
ヘルス

肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

2021.07.25
インフルエンサー

BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国人になれたのか?

2021.07.15
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「疲労困憊です」ご近所のオペラ歌手志望の娘さんの歌がうるさくて...

<一流の音楽学校への進学を目指す彼女は、コロナ禍になってオンラインで1日2時間以上、週に4〜5回もレッスンを受けています。才能があるのは分か

2021.07.14
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「働くキミが好きだった」妻には専業主婦になってほしくない

<先日、妻が復職はやめて子育てに専念したいと言いだしました。いい仕事に就いていて、ママになっても仕事は続けたいと言っていたのに──心底がっか

2021.07.13
ファッション

さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち、必要なのはXXXXXLサイズだ

2021.07.09
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

暴力的な映像を娘たちに見せたくない私、「どうってことない」という夫

<夫はテレビでセックスや暴力、流血シーンがあっても気に留めません。10歳と7歳の娘はそうした不快な場面を目にすると、いつも私に訴えてきます>

2021.07.07
ヘルス

ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、高血糖、高コレステロールの人が知らない『あるリスク』

2021.07.04
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「どう叱ればいい?」アジア系の同級生をいじめた息子が停学処分に

<他の同級生たちをたきつけて、パンデミックはおまえのせいだと一緒にはやし立てたそうです。どこでそんな陰謀説を仕入れたのか、全く見当が付きませ

2021.07.02
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

体調不良なのに誕生日会にやってきた父が、2日後コロナで入院しました

<実は誕生日会の前日には匂いや味が分からなくなっていたそうです。おかげで子供たちは学校に行けなくなり、夫の両親は不安に駆られています。私は怒

2021.07.01
子供

IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ親の教育方針

2021.06.30
モビリティのこれから 楠田悦子

ベビーカーと車いすに厳しい日本の不寛容は、パラリンピックの自国開催で変わる?

<バス車両の低床化やサービス介助士資格を持った駅員の急増などハード面でのバリアフリー化が進む一方で、ベビーカーや車いすユーザーの公共交通利用

2021.06.30
日本社会

あまりに危険 ! ノーヘル、右折OKとなった電動キックボードの車道走行は禁止すべき

2021.06.29
エクササイズ

縄跳びで本気のエクササイズ、海外SNSでブームに 米では売れ行き3〜4倍に

2021.06.28
ヘルス

「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取れない人に共通する「睡眠の大間違い」

2021.06.27
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「私の娘はペットじゃない」犬と接するように孫に話しかける義母にイライラ

<継母の犬への深い愛情も、彼女に悪意がないことも分かっています。でも、娘と話すときは犬にしゃべりかけるようにしてほしくないんです──私は気に

2021.06.24
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

・アボカド栽培には大量の水が必要になるため、消費が世界的に増えるなか生産地では水不足が深刻化し、健康被害も出ている。 ・また、アボカドは熱

2021.06.22
ヘルス

あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

1年で14キロ健康的にダイエットした医師が教える医学的ダイエット 

2021.06.20

「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

日常的にワインを飲む成人はたった16%にまで低下 

2021.06.19

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中