最新記事

ライフスタイル

人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「最後の日々を実りあるものに」余命わずかの妻とセックスの可能性を模索すべき?

<寂しさを和らげるためにセックスドールを買おうと思うときもあります。こんな状況でそうした考えは常軌を逸していますか?> Q:10年近く連れ添

2021.05.10 
英王室

メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

2021.05.08
英会話

日本人が英語を話せないのは、とっさに使える「武器センテンス」を持っていないから

2021.05.07
家庭

かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

2021.05.07
HIIT

話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

2021.05.06
韓国映画

はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き込まれ、究極の愛について考える

2021.05.03
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

学校が悲しい物語を課題図書にするのはなぜ?

<共感力の強い12歳の息子が『ダンとアン』を読んだらどうなってしまうか心配です──。息子に心の準備をさせるか、先生に相談するかで迷っています

2021.05.02
免疫反応

この春花粉症デビューした人は要注意 リンゴやトマトでもアレルギー反応出るかも

2021.04.30
モビリティのこれから 楠田悦子

「免許返納したら移動手段がない」運転可否判断をめぐる日本の実情

<日本では高齢者と交通問題についての研究・議論は各分野で進んでいるが、運転の可否判断と運転リハビリや断念後の移動手段といったトータル的な仕組

2021.04.28
プレゼント

ニューズウィーク日本版メンバーシップに新規登録した方に最新号「韓国ドラマ& 映画50」をプレゼント!【抽選で30名様】

2021.04.27
新型コロナウイルス

緊急事態宣言は変異株の拡大を抑え込むか? 進化生物学的に危険な「日本のワクチン接種計画」のリスク

2021.04.26
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「実はあなたは不倫の子」娘に真実を話したい... でも、どうやって?

<14歳の娘は善悪の区別に強いこだわりを持つ賢い子です。今は亡き不倫した父親のことを許さないのではないかと心配です> Q:最初の結婚の時にで

2021.04.24
メーガン・マークル

メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

2021.04.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

ちょっかいを出しただけなのに... 小2息子が「いじめっ子」認定されています

<息子がいじめっ子と呼ばれていますが、からかうくらい誰でもしますよね? そんなことにも対応できない軟弱な子のほうが問題だと言いたいのですが>

2021.04.23
キャリア

工学部出身の投資銀行家が、ウエディングプランナーに転職した訳

2021.04.23
出会い系

直接対面可能になってもビデオチャットを使う......ジェネレーションZのデートアプリ活用法

2021.04.22
イスラム教

イスラム教徒が待ち望んだラマダンは、今年も厳戒態勢

2021.04.22
猫系作家の時事評論 古谷経衡

社交性信仰が日本をダメにする

<とくに公僕にあっては「飲み会を断らない」ことより、孤高でいられることのほうが大事だ> 「飲み会を絶対断らない人」こと山田真貴子前内閣広報官

2021.04.21
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「流産は体型のせい」と母に責められる

<自分を無条件で愛してくれるはずの人が、本当に必要なときに助けてくれず、むしろ傷つけるようなことばかり言ってきたら? 小説家のミシェル・ハー

2021.04.20
プレゼント

ニューズウィーク日本版メンバーシップに新規登録した方に最新号「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」をプレゼント!【抽選で10名様】

2021.04.20

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 2

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 6

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 10

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中