コラム

ローマ教皇のイラク訪問は何を意味するのか?

2021年03月11日(木)17時00分

シーア派最高権威のスィスターニーと会談したローマ教皇(今月6日) REUTERS

<教皇の目的は、イラクで見捨てられがちなキリスト教コミュニティーを見舞うだけではない>

3月5〜8日に行われたローマ教皇フランシスコのイラク訪問は、世界中で驚嘆と歓喜、賞賛をもって受け止められた。2年前までIS(「イスラーム国」)によるテロ活動が蔓延し、ちょうど1年前には米軍がイラクおよびイランの治安組織関係者をバグダード空港近くで爆殺するという事件もあり、決して治安が安定したとはいいがたいイラクである。

ましてや、このコロナ禍。イラクでは、1月上旬には新規感染者数を600人台まで抑え込んでいたのに、2月に入った途端に1000人を超え、3月初めには5000人を超えるという、第2波のピークを迎えている。死者数の多さでは、現在世界29位だ。

教皇が訪問したのは、その最中である。84歳という高齢の教皇は、すでに1月中にワクチンを接種した上で、イラク各地を訪問するにあたってマスクを外し、人々と密に交わった。その覚悟たるや、並々ならぬものを感じる。

なぜこの時期にイラクに? もともと歴代の教皇は、一神教の始祖であり神に救済された最初の人間であるアブラハムの生地とされるイラク南部のウルを訪問したい、と切望していたと伝えられている。2000年には先々代のヨハネパウロ二世が、ウル訪問を企画したが、当時フセイン政権下のイラクは国連の経済制裁下にあり、実現しなかった。

それを是非にと推し進める最大の要因となったのは、2014年以降のISによる非イスラーム教徒に対する迫害である。とりわけ、北部山岳地域に居住するキリスト教徒やヤズィディ教徒が虐殺や奴隷化の対象となった。ISから解放されたこの地域を訪問し、現地のキリスト教社会を癒すことが最大の目的だったのである。

キリスト教徒への迫害

イラクには、現在キリスト教徒が数十万人居住している。イラクでのキリスト教会の成立は、古く紀元2世紀頃に遡ることができ、ローマ・カトリックとは異なる展開を遂げた、いわゆる東方教会に属する中東独自の教会だ。現在最も信徒人口が多いのがカルデア教会で、次いでアッシリア教会、シリア正教会、アルメニア教会、ギリシア正教会などがある。信徒数は全体で30万人とも50万人ともいわれるが、かつては100万から150万人という大きなコミュニティーを誇っていた。正式な人口統計として残っている70年以上前の記録によれば、1947年時点でイラク全人口の3.1%をキリスト教徒が占めたとされている。

今回教皇が訪問したモースルは、そのキリスト教徒たちが多く居住していたニネヴェ県の県庁所在地で、2014年6月にISが制圧した地域である。10万人以上のキリスト教徒が殺害やレイプを逃れて国内外に脱出、難民化した。4世紀に建設されたとされるシリア・カトリックの聖ベヘナム教会など、貴重な遺跡の多くが破壊された。教皇訪問に合わせて、モースルでは復興が突貫工事で進められたというが、完全回復にはほど遠く、難民となった人々の多くが、「とても戻れる状況ではない」と語る。

キリスト教徒たちが帰還に悲観的なのは、彼らが被害にあったのがISのせいだけではないからだ。2003年のイラク戦争以降、繰り返しイスラーム武装組織の襲撃の対象にあってきた。IS登場直後にイラク・ムスタンシリーヤ大学のサアド・サルーム教授が出版した編著「イラクのキリスト教徒」によれば、2003年から10年間、ISが登場する前でも861人のキリスト教徒が殺害され、教会など67の宗教施設が襲撃を受けたという。今回の教皇の訪問地の一つであるバグダードの「救いの聖母教会」は、2004年および2010年の2回にわたり攻撃対象となった教会で、2004年には10人、2010年には58人が殺害された。

これらはISの前身ともいえる「イラクのアルカーイダ」による攻撃だったが、それ以外の勢力からもさまざまな圧力を受けた。2003年以降、スンナ派であれシーア派であれ、政治のイスラーム化が進行したことから、非イスラーム教徒全般に居心地が悪くなっていたことは事実だろう。フセイン大統領は独裁体制を強いたが、決して権力奪取を狙わない少数派のキリスト教徒は側近にしても安全なので、外相職など要職に起用したり、使用人として重用していた。その分、前政権でいい思いをした人たち、と見なされて攻撃されるケースも少なくなかったのだ。

特に、クルディスタン地域に住むキリスト教徒は、クルド・ナショナリズムが優先されるなかで、しばしば微妙な立ち位置に置かれてきた。特にアッシリア教徒は、キリスト教徒であるという以上に、アッシリア人という民族的自覚が強いため、「クルド人の治世」に対して不協和音を起こしがちである。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

ニュース速報

ワールド

世銀、インドネシアに13億ドルの融資を承認 コロナ

ワールド

大手金融機関、米新祝日の振り替えで従業員に休暇付与

ワールド

カナダ、大手行の国内安定バッファーを引き上げ

ワールド

米黒人労働者の収入、白人を依然下回る=リポート

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中