松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

海洋生物

身体中が発光する14センチの新種のサメが見つかる

2019.07.23
深海生物

水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

2019.07.18
感染症

アメリカ疾病予防管理センター、プールでの寄生虫病の感染に注意を呼びかけ

2019.07.16
生物

4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれていた生物が温暖化でよみがえる

2019.07.11

海を覆い尽くす......アフリカからメキシコ湾までつづく巨大な藻のベルトが出現

2019.07.10
人体

人為的に変形された1万2000年前の頭蓋骨が中国で発掘される

2019.07.08
動物

船に乗った? ホッキョクギツネがノルウェーからカナダまで3500キロ移動

2019.07.05
地球

水不足に希望!? 巨大な帯水層がアメリカ北東岸沖の海の下で見つかる

2019.07.03
生物

タコは地球上で出会えるエイリアン......脳を介さず8本の足が意思決定できる

2019.07.01
宇宙進出

ヒト精子は微小重力の影響を受けづらい:人類の宇宙進出は女性だけで大丈夫?

2019.06.27
ヘルス

英国の公的医療機関で採集した虫から抗生物質に耐性を持つ細菌が見つかる

2019.06.25
水危機

200人以上死亡の熱波につづき、インドの水不足が深刻

2019.06.24
人体

若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

2019.06.21
自動運転

テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

2019.06.20
微生物

「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

2019.06.18
未来

2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測

2019.06.07
新型旅客機

次世代旅客機「フライングV」の開発をKLMオランダ航空が発表

2019.06.05
宇宙

X線で記録した空の画像が、宇宙の見方を変える

2019.06.04
人類

「人類はゴビ砂漠を横断してシベリアまで拡散した」シミュレーション結果

2019.05.31
宇宙

新説「超新星爆発がヒトの直立二足歩行を進化させた」

2019.05.30

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月