日本再発見

日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

2019.05.22 

日本のYKKがファスナーで世界1位になれた理由

2019.04.27

平成30年間で変わった、人の趣味嗜好と街の光景

2019.04.22

渋谷の再開発「続々と超高層ビル誕生」の足元で起こる変化

2019.03.29

肉と麹を合わせる──日本の「こうじ」に世界のシェフが夢中

2019.03.28

良くないと分かっているが......という人に「ハームリダクション的」な商品を

2019.02.26

「デジタルファースト」で岐路に立つ日本の「はんこ文化」

2019.02.01

サブスクリプションに刷新、「少年ジャンプ」英語版が挑むアメリカンドリーム

2019.01.25

NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

2019.01.16

日本の小中学生も夢中のTikTokは、他のSNSより危ないのか?

2018.12.22

日本のプロレスが海外で人気爆発! 新日本プロレス・メイ社長に逆輸出の秘訣を聞いた

2018.12.17

京都は「自転車」でアジアのコペンハーゲンになれる

2018.11.30

平成の若者「〇〇離れ」と、メーカーの「好消費」開発

2018.11.01

戦前から続く「同期」の論理が、今も日本社会に巣くっている

2018.10.30

日本には「性別をねじ曲げてきた」長い歴史がある

2018.10.26

ベンチャーで地方創生、山形の「鶴岡モデル」成功の理由

2018.09.30

日本の免税店で外国人旅行者は何を買っているのか

2018.09.07

日本のレゴ愛好家はどんな人たちで、何人くらいいるのか?

2018.08.31

日本の炭鉱は「廃墟」「終わった産業」──とも限らない

2018.08.09

日本の「紙芝居」が海外で人気 国境なき医師団から多言語政策まで

2018.07.31

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 3

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「和輪庵」

  • 4

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!