日本再発見

日本の加熱式たばこは「ガラパゴス市場」か「テスト市場」か

2018.06.04

ベーブ・ルースは和服も着た 大谷翔平へと続く日米野球外交140年史

2018.05.31

京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

2018.05.29

日本各地のマラソン大会が「外国人ランナー歓迎」の理由

2018.04.27

ヨシダナギ、気鋭のフォトグラファーの知られざる「本性」

2018.04.06

シルク・ドゥ・ソレイユで大役つかんだ日本人「全てにおいて妥協がない」

2018.03.31

ハーバードが絶賛する「日本」のポテンシャルと課題

2018.03.22

2次元と3次元、伝統と革新、東洋と西洋──「中間」を行く日本

2018.02.28

10年目の「ふるさと納税」に逆風 返礼品に頼らない「2.0」の時代へ

2018.02.23

外国人研究者が見た、日本の「地方消滅」と若者を呼び戻す施策

2018.01.31

精神科医に聞く、日本社会から「寛容さ」が失われている理由

2018.01.24

警察幹部がなぜ鬼平を愛読?──から始まった東京での「江戸」探し

2017.12.27

世界6位のレストランで開花した日本人シェフの美食哲学

2017.12.25

ニューヨークのミシュラン和食屋料理長が明かす、アメリカ人の好み

2017.11.30

日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

2017.11.20

イギリス人が京都で「ジン」をつくり、母国に輸出する理由

2017.10.30

食文化史研究家が語る、未だ知られざる和食の利点

2017.10.23

スペイン人が解き明かした、長寿大国ニッポンの秘密

2017.09.29

東京五輪が中小企業に及ぼすマイナス影響

2017.09.15

「AKB48」式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由

2017.09.12

MAGAZINE

特集:中国よりもおそロシア

2018-7・ 3号(6/26発売)

台頭する中国の陰で牙を研ぐ謀略家プーチン ロシアが狙う新たなターゲットは何か

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

  • 5

    ハーバードが絶賛する「日本」のポテンシャルと課題

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    刑務所内から犯行指示のテロ指導者に死刑判決 報復…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    ナルシストは危険信号 浮気がちな7つのパーソナリ…

  • 10

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 6

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 9

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!