最新記事

ライフスタイル

ウェディング

カネのかかるミニマリズム! 安いがインスタ映えする「小さな結婚式」はお得か

2019.07.19
ロゼワイン

夏に向けて売り上げ急上昇のロゼワイン 予算で選べる最高の13銘柄

2019.07.18

シェアキッチンで配達専業 ネット食品配送4位の韓国に世界が群がる

2019.07.18
韓国を読み解く 金 明中(ニッセイ基礎研究所)

韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化

<今後10年間で高齢化が急速に進む韓国では、2度目の定年延長を検討し始めているが、60歳定年の義務化は日本より約20年も遅れるなど実現までの

2019.07.18
離婚

5万組のカップルを別れさせた男が明かす、愛と人間の真実

2019.07.05
ワイン

知られざるワインの新名所は? まだ世界が知らない穴場へ

2019.06.26
睡眠

良質な眠りは「睡眠1分前の仕込み」で決まる

2019.06.14
リサイクル

片付けの魔法で急増する古着ゴミ ガーナを悩ませる「ときめかない現実」

2019.06.13
老後資金

50代の半数はもう手遅れか──生活水準を維持可能な資産水準を年収別に推計する

2019.06.12
食物アレルギー

1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

2019.06.11
福祉

福祉国家の優等生「北欧モデル」にひび デンマーク総選挙の最重要争点に

2019.06.05
コーヒー

コーヒー1日25杯まで問題なし=専門家 飲みすぎの是非に終止符か 

2019.06.03
夏フェス

音楽フェスの季節到来! 世界トップクラスのフェス10

2019.05.31
社会心理学

「人間関係の希薄さに救われることがある」これだけの理由

2019.05.29
ガーデニング

人間は自然から離れたことで病んでいる──土を愛した女性のガーデニング哲学

2019.05.29
日本社会

小学生に憧れの「YouTuber」その厳しい現実 ゆたぼんの革命は成功するか?

2019.05.21
インタビュー

「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出したシンプルな心的因子とは?

2019.05.20
トラベル

欲しいのは人生が一変するような体験 パートナーと過ごすよりも「女性は一人旅」

2019.05.14
グルメ

ヒマラヤ少数民族が育むお宝ワイン! 中国随一の「アオユン」とは

2019.05.08

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

2019.04.25

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!