コラム

保守派に大激震──愛知県知事リコール不正署名で田中事務局長ら逮捕の衝撃

2021年05月21日(金)18時42分

しかし、この定型を覆したのが2008年のCS放送局(当時)日本文化チャンネル桜を発起とした映画『南京の真実』製作運動である。これは読んで字の如く、1937年の所謂「南京事件(南京虐殺)」は主に中国側(および所謂"コミンテルン"などの共産主義者)の捏造であった、とする旨のオピニオンを映画という形で製作する運動で、故・渡部昇一氏や櫻井よしこ氏など、保守界隈を代表する論客らが共同記者会見を行い、その制作費の寄付を全国の保守層に呼び掛けたものである。

結果、目標とした寄付額(約2億6000万円)が早期に集まり同映画は2008年に第一部として公開された(―この映画の構想は全三部作で、第一部の題名は『七人の死刑囚』、第三部である『支那事変と中国共産党』は2017年に公開された)。

この『南京の真実』制作に一定程度の成功を見た保守界隈は、次に集団訴訟という政治的運動への活路を見出した。2010年にNHKで報道されたドキュメント番組『ジャパンデビュー』に於いて、「当時日本に統治されていた台湾の少数民族(パイワン族)の名誉を傷つけ、一方的に日本の台湾統治時代を悪と決めつけている」として、保守界隈はNHKを被告とした集団訴訟に踏み切ったのである。

訴訟の主体になった日本文化チャンネル桜は同番組で大々的な集団訴訟への原告参加や裁判費用の寄付を呼びかけ、最終的に原告団は約1万300人にのぼった。所謂『NHK・ジャパンデビュー集団訴訟』である。

この裁判は当時、保守界隈始まって以来の大規模な政治的運動であった。すでにネット動画の世界に大きな影響力を持った日本文化チャンネル桜は、その視聴者の大部分を占めるネット右翼に訴求し、一大運動となった。

結果、第一審の東京地裁では原告が敗訴したものの、第二審の東京高裁では原告が逆転勝訴した。しかし第三審の最高裁判所では原告の請求を棄却し、最高裁判所第一小法廷は、


「一般の視聴者は、日本が先住民族を差別的に取り扱ったという事実を提示した番組と理解するのが通常だ。原告の父親が動物園の動物と同じように扱われるべき者とは受け止めないので、名誉毀損は成立しない」(名誉毀損訴訟、NHK逆転勝訴=台湾統治検証番組で-最高裁,2016.1.21,時事通信,強調筆者)

とされ、あっけなく原告敗訴が確定して敗北に終わった

「史上最大」の朝日新聞集団訴訟に敗北

保守界隈はこれにめげることなく、二度目の集団訴訟に踏み切った。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 8

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中