コラム

猫系作家の時事評論 古谷経衡
猫系作家の時事評論 古谷経衡

リベラルは何故こんなにも絶望しているのか~「保守」にあって「リベラル」に無いもの

野党支持率が伸びないのは、自民党内にメタ的野党構造があるから 右を見ても左を見ても、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌の大メディア・ネット空間も自民

2021.09.22 
猫系作家の時事評論 古谷経衡

高市早苗氏の政策・世界観を分析する──「保守」か「右翼」か

1.稲田氏から高市氏への「交代」 2021年9月8日、自民党総裁選に正式出馬を表明した高市早苗氏が、所謂保守界隈やそれに付随するネット右翼(

2021.09.10
猫系作家の時事評論 古谷経衡

保守派に見放された菅政権の1年

<菅政権の失敗は、「安倍路線の継承」を謳っておきながら、保守派が期待する安倍的イデオロギーを全く踏襲しなかったことだ> 保守派にとってみれば

2021.09.07
猫系作家の時事評論 古谷経衡

なぜ日本人はホロコーストに鈍感なのか【小林賢太郎氏解任】

まさか五輪開会式前日にこのような醜聞が世界を駆け巡ろうとは思っていなかった。五輪開会式演出に携わる小林賢太郎氏が過去に「ホロコースト揶揄(ユ

2021.07.27
猫系作家の時事評論 古谷経衡

加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

<他人に凄惨な暴行を加え、それを武勇伝のように誇り、ときに非難されながらも「カルチャー」の隠れ蓑に隠れてきた加害者と、それを知りながら許して

2021.07.20
猫系作家の時事評論 古谷経衡

ラジオを聴かない奴はなぜ馬鹿か

<ワイドショーやYouTubeに毒され、知的レベルが下がる一方の日本人を救えるのはラジオしかない> 衝撃的なニュースが飛び込んできた。6月1

2021.06.30
猫系作家の時事評論 古谷経衡

やはり移民しか日本を救う道なし

<最新の国勢調査結果によると、日本の人口は大幅に減り、世界の上位10位から転落した。このままでは日本は衰退する> 6月25日、国勢調査の速報

2021.06.29
猫系作家の時事評論 古谷経衡

LGBT「理解増進」法案断念──なぜ保守派はLGBTに抵抗するのか?

<LGBTも女系天皇も夫婦別姓も認めない保守派の病的「共同体幻想」は歴史的にも戦中戦後だけのマイノリティーに過ぎない> LGBTなど性的少数

2021.06.01
猫系作家の時事評論 古谷経衡

保守派に大激震──愛知県知事リコール不正署名で田中事務局長ら逮捕の衝撃

<ゼロ年代から現在までの保守界隈の政治的運動は、さまざまに論議を呼ぶものではあっても民主主義的手続きに忠実で、得票数に不正はなかった。それが

2021.05.21
猫系作家の時事評論 古谷経衡

社交性信仰が日本をダメにする

<とくに公僕にあっては「飲み会を断らない」ことより、孤高でいられることのほうが大事だ> 「飲み会を絶対断らない人」こと山田真貴子前内閣広報官

2021.04.21

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 5

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 9

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 10

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中