コラム

オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

2019年03月20日(水)18時22分

東京・晴海埠頭近くで建設中、選手村の巨大ビル群 Issei Kato-REUTERS

<東京五輪の次に五輪を開催するパリではすでに、高速道路がジョギングコースに変わったり、小さな公園の遊具を大人も子供も使えるようアップデートしている。東京の五輪はどんなレガシーを残すのだろうか>

2月いっぱい、私はずっとフランスに帰っていました。平均気温15度の暖かいパリはすでに春のようでした。驚いたのは、夜遅い時間に一生懸命ランニングをするパリ市民の姿です。東京の皇居状態、いやそれ以上かもしれません 。夜中に起き上がるゾンビ族のようでした。大グループで走り、平日にもかかわらず23時頃まで走っているのです。

20年ほど前までは、パリでランニングする人などほとんど見かけたことがありませんでした。治安の問題ではなく、習慣の問題でした。しかしパリのヒダルゴ市長が昨年の10月にセーヌ川沿いの首都高速道路を歩行者天国に変えてから、パリはさながら運動公園のようになりつつあります。FIFAワールドカップで優勝したことや、東京五輪の次の五輪がパリで開催されることもパリジャンたちのモチベ―ションになっているのでしょう。

アメリカ人のようには運動できないフランス人

渋滞が増えるため自動車通勤者は歩行者天国に反対ですが、散歩やランニングを好む人は大喜びです。東京五輪の一つのレガシーは都内の運動人口を増やすことなので、パリ市民がランニングで盛り上がっている光景は参考になりました。東京も思い切ってお台場にスポーツ愛好家のためのハーフ・マラソン・コースを作ったり、週末は完全歩行者天国にしたりする日が来るのでしょうか。五輪開催国にとって五輪は、経済効果云々を語る前に、何よりその国の運動文化を変えるための絶好のチャンスなのです。日本には日本人の国民性や時代のニーズに会った変え方、フランスにはフランス人に合った変え方があります。

フランスはスポーツの強豪国(サッカー、テニス、ラグビー、冬季五輪など)とはいえ、アメリカほど国民は運動に夢中ではありません。アメリカ人は平日でも朝6時からジムに通い、フィットネスは生活の一部なのです。美容のために運動をするフランス女性も近年増えましたが、欧州の女性は男性にナイスボディよりも精神力や知性を求めますから、男性は必ずしも肉体を磨かないのです。

それもあって、フランス人全般にとってスポーツはあくまでも趣味であり生活の一部にはなりません。ジムのチェーン店も東京ほど多くはありません。ランチタイムにジムに通う発想はないのです。一番の問題は時間です。フランス人は日本人ほど働きませんが、平日でも文化を思いっきり楽しむのです(映画、音楽、アート、旅、ワインなど)。スポーツを本格的に採り入れる時間はありません。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中