コラム

ドイツは「緑の首相」を選ぶかもしれない

2021年04月28日(水)19時00分

ドイツ緑の党初の首相候補に指名されたアナレーナ・ベアボック (C)The Alliance 90/The Greens

<9月に行われるドイツの連邦総選挙、緑の党への支持率がトップになり、次の連立政権に緑の党が含まれないというシナリオは考えにくくなってきた...... >

緑の党の首相候補

ドイツの緑の党が勢いを増している。4月19日、緑の党は、流暢な英語を話し、自転車に乗り、気候変動に立ち向かうグリーン経済の推進者であるアナレーナ・ベアボック(40)をドイツの次期首相候補に指名した。

ベアボックが指名された直後の世論調査では、緑の党への支持率がトップになった。9月に行われるドイツの連邦総選挙までには、予測できない出来事が起こる可能性もあるが、次の連立政権に緑の党が含まれないというシナリオは考えにくくなってきた。

緑の党は、その41年の歴史の中で初めて、党の首相候補を指名した。現状、メルケル首相の政権与党であるキリスト教民主同盟(CDU)とキリスト教社会同盟(CSU)に後れを取っているが、緑の党は、世論調査で20%以上の安定した支持率を示しており、メルケル首相の保守勢力に迫る勢いである。メルケル首相の連立相手である中道左派のドイツ社会民主党(SPD)が、近年支持率の急落で低迷していることもあり、緑の党の存在感は際立っている。

9月の連邦選挙で緑の党を率いる野心的な女性とは誰なのか?そして、アンゲラ・メルケルの後を受け継ぎ、ドイツの次期首相になる可能性は現実的なのか?2児の母であるアナレーナ・ベアボックは、今、ドイツで最も話題の女性である。

アナレーナ・ベアボックとは?

1980年12月、北ドイツのハノーファーで生まれた彼女は、幼児期をニュルンベルクで過ごした後、ニーダーザクセン州のパテンセンという小さな町に移り住み、そこの農場で育った。16歳の時、米国のフロリダに交換留学生として1年間滞在した。彼女は幼少期から青年期にかけてトランポリンに熱中し、ドイツ選手権で銅メダルを3回獲得した。ハンブルク大学で政治学と法律を学び、その後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでは国際公法の修士号を目指した。

政治の世界に入ったのは、2004年の欧州選挙で緑の党のキャンペーンに参加し、その過程で現在の夫と出会い、2005年に緑の党に入党した。緑の党の欧州議会議員であるエリザベス・シュローダーの下で働き、同年、英国国際比較法研究所で研修を受け、その流暢な英語力で外交政策の専門家として認められるようになった。

2009年の連邦議会議員選挙に落選した後、緑の党で活動する傍ら、ベルリン自由大学で国際公法の博士号取得のための勉強を始めた。2013年、ベアボックはドイツ連邦議会議員に2度目の挑戦で当選した。

1期目の任期中は、緑の党の気候変動政策のスポークスマンを務め、経済・エネルギー委員会のメンバーとして、ドイツの「エネルギー転換」政策に貢献した。ベアボックは2017年に2期目の連邦議会議員に再選された。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 7

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中