WORKSIGHT

働くしくみと空間をつくるマガジン[ワークサイト]。
働く環境を考える企業キーパーソンに向けた、ワークスタイル戦略情報メディア。企業が抱える経営課題に「働く環境(=空間インフラ+制度インフラ)のリデザイン」という視点からアプローチしている。年2回発行の雑誌と、毎週更新のウェブサイト、編集部が主催するイベントなどを展開中。
http://www.worksight.jp

インタビュー

「社員の生産性」より「より良い仕事体験」が主流に

[ジェレミー・マイヤーソン]ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン、RCA 特任教授 

2017.10.27
インタビュー

オフィスデザインに訪れた「第四の波」とは何か

[ジェレミー・マイヤーソン]ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン、RCA 特任教授 

2017.10.26
ワークプレイス

ラスベガス旧市街のザッポス本社、入居時はまっさらだった

2017.09.29
インタビュー

予約から診察・会計までワンストップのオンライン診療「CLINICS」

[豊田剛一郎]株式会社メドレー 代表取締役医師 

2017.08.25
インタビュー

医師500人が支えるオンライン病気事典「MEDLEY」の狙い

[豊田剛一郎]株式会社メドレー 代表取締役医師 

2017.08.24
ワークプレイス

フィンテックの雄スクエアが、オフィスを「街」に見立てる理由

2017.08.02
インタビュー

「お金のために働くな」とファンドマネージャーは言った

[新井和宏]鎌倉投信株式会社 取締役 資産運用部長 

2017.06.30
インタビュー

「投資は科学」とは対極の投資哲学を掲げる資産運用会社

[新井和宏]鎌倉投信株式会社 取締役 資産運用部長 

2017.06.29
インタビュー

長時間労働の是正がブレークスルーをもたらす

[リンダ・グラットン×石川善樹]ロンドン・ビジネススクール教授/予防医学研究者、株式会社 Campus for H 共同創業者 

2017.06.09
インタビュー

リンダ・グラットンが説く「人生100年時代」の働き方

[リンダ・グラットン]ロンドン・ビジネススクール教授 

2017.06.08
ワークプレイス

「エゴを持たない」食材宅配サービスのスタートアップ

2017.05.26
インタビュー

Readyforのプロジェクト実行者の6割は本職をほかに持つ人

[米良はるか]READYFOR株式会社 代表取締役 

2017.04.28
インタビュー

実績32億円以上、行政の資金調達も担うクラウドファンディングReadyfor

[米良はるか]READYFOR株式会社 代表取締役 

2017.04.27
ワークプレイス

R&D系オフィスの新潮流、マイクロソフトのBuilding 44に潜入!

2017.03.31
インタビュー

高松も東京も......まちの可能性は広がっていく

[伊藤香織]東京理科大学 教授、シビックプライド研究会 代表 

2017.02.24
インタビュー

日本の地域再生を促すシビックプライドとは何か

[伊藤香織]東京理科大学 教授、シビックプライド研究会 代表 

2017.02.23
ワークプレイス

講義室をなくし、「反転授業」を実践するエンジニア教育再生の拠点

2017.01.20
インタビュー

AIにできない人間のミッションは、答えのない問いを模索すること

[ケヴィン・ケリー]著述家、編集者 

2016.12.09
インタビュー

今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

[ケヴィン・ケリー]著述家、編集者 

2016.12.08
ワークプレイス

5割の社員がオフィスにこない、働き方満足度No.1企業

2016.11.18

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月