コラム

コロナ後の世界経済:米中覇権争いの中での日本の存在感はどうなる?

2021年07月30日(金)15時15分

2021年後半から日本株への金融市場の受け止め方が大きく変わりうる...... Nicolas Datiche/REUTERS

<ワクチン戦略に成功して経済安定化政策を強める米国を中心とした先進諸国の優位が強まり、中国に対する経済的な封じ込めが強まった時、日本の存在感はどうなる...... >

米株式市場は7月に入っても史上最高値を更新しながら上昇が続いており、7月23日時点でS&P500は年初から17.5%の上昇率となっている。これまでの上昇ピッチが早かったので短期的な上昇余地は限られるだろう。ただ、強力な金融財政政策で経済成長が高まり企業利益が大きく伸びていることを踏まえれば、ある程度は正当化できる株価水準とみられる。

米国でも、他国同様にデルタ株の広がりによって新型コロナ感染者が7月から再び増え始め、これが懸念材料になりS&P500指数が下落する場面もあった。既に6月からワクチン接種ペースが低下しており、州別にみるとワクチン接種率が低いフロリダ州、ルイジアナ州などでの新型コロナ感染者数増加が起きている。一方で、ワクチン接種率が50%を超えている州では新型コロナ感染拡大はかなり抑制されたままである。

また、米国よりもワクチン接種が進んでいる英国では、コロナ感染者が再び増えている中で、7月に入ってから経済活動制限を緩める政策が行われた。ジョンソン政権の判断の是非はまだ不明だが、感染力が高いとされるデルタ株に対するワクチンの予防効果が大きいことを重視したと見られる。実際に、英国では感染者が増えても死者はかなり抑制されているし、増えていた感染者は7月中旬から減少に転じる兆しが見られている。

これらを踏まえると、米欧で広範囲に使われている、ファイザー社などが開発したワクチンの効果は依然として明確である。世界的に7月から広がっている感染者増加が、特に2020年半ばから高い成長率を維持してきた米国の経済活動にブレーキをかける可能性は低いだろう。

コロナ後:米欧を中心に中国に対する経済的な封じ込めが強まる

米欧で確認されつつあるワクチンの重症化抑制効果がかなり高い一方で、中国製のワクチンが普及したチリでは接種率が50%を超えても、米欧と同様な効果は明確ではない。また、ワクチン普及が遅れているインドそしてインドネシアなどの東南アジアでは7月に入ってから感染再拡大による被害が広がり、日系企業の現地工場の生産活動に悪影響を及ぼしている。(1)ワクチンを確保できる経済力、(2)採用するワクチンの効果、これらの2つが先進国と新興国の経済復調の格差をもたらしている。そして、米中間の政治的な緊張関係が続いていることがこの格差を更に広げているとみられる。

中国経済については、「崩壊不可避」を常々声高に唱える論者は多いが、筆者を含めた市場関係者の多くは彼らとは距離を置いているだろう。当局による財政金融政策は経済成長に一定程度配慮されているので、中国経済が近々大きく減速するリスクは小さいと筆者は予想している。

ただ、習近平主席はこれまでの慣例を覆して長期政権確立を目指しているとみられ、今後国内の権力闘争が顕になるリスクがある。また、株式市場では、米欧などの先進国の株価上昇率が年初から約20%近く上昇する一方、中国当局による大手IT企業や学習塾企業などへの規制強化が悪材料になり、香港、上海株が大きく下落した。香港ハンセン株指数はほぼ年初の水準まで下げている。

プロフィール

村上尚己

アセットマネジメントOne シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。シンクタンク、証券会社、資産運用会社で国内外の経済・金融市場の分析に20年以上従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でエコノミストとして日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年アライアンスバーンスタン マーケットストラテジスト。2019年4月から現職。著書「日本の正しい未来」講談社α新書、など多数。

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 8

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中