コラム

「報道が目を光らせなければ、国家は国民を虐げる」──映画『コレクティブ 国家の嘘』の教訓

2021年09月28日(火)14時02分
映画『コレクティブ 国家の嘘』

大手メディアが機能不全に陥るなか、ひとり追及を続けるスポーツ新聞記者のトロンタン ©Alexander Nanau Production, HBO Europe, Samsa Film 2019

<一度は腐敗した政権を転覆できたルーマニア市民が、選挙で再び腐敗政党を勝たせてしまったのはなぜか。総選挙前に観るべき映画>

2021年アカデミー賞のノミネート作品で、世界各国のドキュメンタリー系の映画賞を数多く受賞したルーマニアの映画『コレクティブ 国家の嘘』が、10月2日(土)より、シアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国の映画館で公開される。事前に観る機会があったので、本コラムで紹介したい。

『コレクティブ 国家の嘘』は、ルーマニアで実際に起きた医療スキャンダルについて取り扱ったドキュメンタリーだ。2015年、「コレクティブ」というクラブで火災が発生し、多くの死傷者を出した。火傷患者たちは病院に送られるが、比較的軽症な者も含めて多くが亡くなってしまう。理由は医療体制の杜撰さにあった。スポーツ新聞「ガゼタ・スポルトゥリロル」のジャーナリストは、ある製薬会社の薄められた医薬品がルーマニアの多くの病院に納品されており、それを国家も黙認していたことを突き止め、医療行政、病院、製薬会社、医学界を巻き込んだ腐敗事件を追求していく。

製薬会社の不正医薬品問題

ジャーナリストの取材により、製薬会社の医薬品問題が明らかになっていく。病院の医者たちへのリベートを介して、10倍に希釈された消毒液などを納品していたのだ。当然院内感染もこの間多発していながら、医療行政はそれを放置していた。保健相もまた医療業界と癒着していたからだ。

事実が言い逃れ不可能なほどに明らかになると、製薬会社の社長は不審な死を遂げる。政治を巻き込んだ大スキャンダルと関係者の死。既視感がある状況だが、怒ったルーマニア市民はデモを起こし、当時の保健相は辞任に追い込まれる。

当時の内閣は、無所属のチョロシュ内閣だった。「コレクティブ」の事故によって、社会民主党政権が倒れたあとに事態を収拾するためにできた内閣だ。ルーマニアの社民党は、表向きは中道左派だが、前身は1989年の革命で倒された独裁者チャウシェスクの与党であり、長年にわたって各利権団体と腐敗した関係を築いており、汚職スキャンダルが絶えない政党だった。総選挙を経てはいないので、チョロシュ内閣はなお社会民主党の信任を必要としていた。

新しい保健相の苦悩

製薬会社のスキャンダルと社長の死という、ここまでの粗筋だけでもドキュメンタリーが一本つくれそうな内容だが、これはプロローグにすぎない。この映画の本番はここからなのだ。チョロシュ内閣で、新たに保健相に任命されたヴラド・ヴォイクレスクは、大臣になる前は患者の権利のために活動しており、見た目からして善良さの塊のような人物で、何とも頼りなくみえる。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 6

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 7

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 10

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中