コラム

現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

どんどん不自由になる日本の表現の自由

<署名を偽造したり脅迫したり、「反日」を潰すために右翼は手段を選ばなくなってきている> 6月10日、今月25日から東京都新宿区で開催予定だっ

2021.06.14
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

五輪開催の是非、コロナ分科会に諮問しない ── 安倍政権以来の悪弊続く

<憲法学者の大半が違憲と言ったのに強行採決された安保法案、菅政権発足直後の学術会議への人事介入など、科学的知見を無視し続ける為政者を許容して

2021.06.07
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

<アスリートと一般市民の利害は今や根本的に対立している。そうさせたのは、コロナ無策のまま五輪を強行しようとする政権の姿勢だ> 5月7日、オリ

2021.05.16
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

入管法「改正」案、成立すれば日本は極右の理想郷になる?

<排外主義的な動機からノルウェーで77人を殺害したブレイビク受刑者は、多文化主義に否定的な理想国家として日本と韓国を挙げていた。日本政府はま

2021.05.10
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

「コロナ危機」に乗じた改憲を許すな

<政府はコロナ危機を口実に、憲法に私権を制限する緊急事態条項を明記しようとしているが、ロックダウンは現行憲法の下でも可能だった。やる気がなか

2021.05.03
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

<「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許して

2021.04.16
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

「進化」する渡辺直美に付いていけない「オリンピッグ」頭

<渡辺直美を容姿いじりの対象としてしか見られない時点でセンスなし> 3月17日、東京オリンピック・パラリンピックのクリエイティブディレクター

2021.03.22
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

「慰安婦は売春婦」のラムザイヤー論文で、アメリカは日本の歴史修正主義に目覚めた

<慰安婦制度は日本軍による「性奴隷制度」だったことは学術的に立証済みなのに、なぜ今更このような論文が出てきたのか。いずれにせよ、米学会では撤

2021.03.19
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

ドイツも苦しむ極右監視と人権のジレンマ

<国内情報機関の連邦憲法擁護庁は極右AfDを監視対象としたが、裁判所に監視を差し止められた。逆にAfDに勢いをつけてしまった可能性もある>

2021.03.09
現代ニホン主義の精神史的状況 藤崎剛人

「バイデンが井戸に毒を入れた」は、なぜ差別扇動投稿なのか

<10年前の3.11を思い出させる強い地震が東北地方を襲ったとき、混乱と不安に乗じてマイノリティーに対する暴力を扇動するデマツイートが拡散さ

2021.02.17

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中