最新記事

日本経済

米中貿易戦争で日本が受ける最大級のとばっちり

2019年10月18日(金)16時40分
ミンシン・ペイ(米クレアモント・マッケンナ大学教授、本誌コラムニスト)

米中の覇権争いは世界と日本の経済にとっては大きなマイナスだ Saul Loeb-Pool-REUTERS

<サプライチェーン網が米中経済をしっかりと結び付けている今、対中貿易額が大きい国ほど米中貿易戦争による痛手も大きくなる>

貿易戦争は「勝者のいない戦争」だ。当事者双方が経済的な損失を受ける上、無関係なほかの国まで巻き添えを食らう。

今の米中貿易戦争は間違いなく、第二次大戦後で最も激烈な貿易戦争だろう。アメリカの同盟国も含め多くの国々がとばっちりを受けている。

なぜか。経済のグローバル化が進んだ今、世界中に張り巡らされたサプライチェーン網が米中経済をしっかりと結び付けているからだ。対中貿易額が大きい国ほど、米中貿易戦争による痛手も大きくなる。

日本にとって中国は最大の貿易相手国。そのため日本は、先進国の中でも最大級のとばっちりを受けることになる。

とばっちりには直接的なものと間接的なものがある。アメリカに輸出される中国製品には、日本製の電子部品や材料が多く使われている。アメリカが中国製品に制裁関税をかければ、実質的には日本製品にも高関税がかかると考えていい。

例えば、中国の輸出に占める他国から輸入した部品や材料の割合は、金額でざっと33%。2017年の日本の対中輸出は約1360億ドルで、そのうち少なくとも約450億ドル分が中国から他の国々に輸出されているとみていいだろう。中国の輸出に占める対米輸出の割合は20%だから、450億ドルの20%に当たる約90億ドルの日本製品に高関税がかかる計算になる。

直接的なとばっちりにはもう1つ、日本企業が中国からの工場撤退を決めた場合にベトナムやインドなどへ移転する際の費用がある。サプライチェーンの再編には多額のコストがかかる。移転先の国に新たに工場を建設し、働き手を育成しなければならない。移転先の国のインフラが未整備であれば、輸送コストなども中国より高くつく。

インバウンド客も減る

間接的なものとしては、世界経済の成長が鈍化し、日本製品やサービスの需要が減ることが挙げられる。いま中国は世界経済の最大の牽引役で、世界経済の成長への貢献度は28%に及ぶ(アメリカは11%足らずだ)。

貿易戦争で中国経済が減速すれば、世界経済の成長にもブレーキがかかり、結果的に日本製品の需要も低下する。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国の佳兆業、一部債権者と協議開始 デフォルト回避

ビジネス

再送-来年度予算編成方針、めりはりの利いた予算に=

ビジネス

独サービスPMI、11月は52.7に小幅上昇 変異

ビジネス

ユーロ圏総合PMI、11月は速報値から低下 コロナ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 7

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 10

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月