コラム

少女買春、収賄、選挙不正...米議員「炎上」で、際立つトランプの無傷ぶり

2021年04月27日(火)19時52分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
マット・ゲーツ議員とトランプ前大統領(風刺画)

©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプと同じようなスキャンダルを起こした「トランプ・チルドレン」の議員だが、両者への共和党の待遇は大違い>

米連邦下院議員のマット・ゲーツ(Matt Gaetz)は困っている! 司法省の捜査対象であることが報じられてから、国民に憎まれ、コメディアンにはバカにされる上、所属の共和党からも干されつつある。同党の議員は辞任を呼び掛け、下院倫理委員会は調査を開始。起訴された場合、党は制裁を科すと同党幹部は言う。雪祭りに火炎放射器を放ちまくる人並みに嫌がられている。

何をやったのか? 司法省は未成年との性行為を含む買春などについて調べているという。ほかにも収賄、選挙資金の私的利用、麻薬の使用、関係を持った相手の裸の写真を議事堂で同僚議員に見せたことなども倫理委員会は調べるようだ。委員会の仕事は遅いが、少なくとも写真はすぐ調べる気がする。

確かに、事実であればとんでもない不適切な行為だ。でも、本人は否定しているし、もっとひどい疑惑がある共和党政治家はいる。例えば、ゲーツは選挙戦中にポルノ女優に口止め料など支払っていない。20人以上の女性から性的暴力などで告発されていない。政府に対する暴動を扇動していない。保険詐欺、銀行詐欺、脱税もしていないし、不正選挙も共謀していない。

これら全てをやった疑いを持たれているのは、ドナルド・トランプ前大統領。これらを含めて10以上の裁判と複数の捜査の対象になっている。雇用対策に注力したトランプだが、少なくとも検察官、捜査官、弁護士、裁判所速記官などの仕事を増やすことに成功しているね。

2人は実は深い関係にある。ゲーツはトランプ人気に便乗して当選した「トランプ・チルドレン」の代表格。不祥事疑惑も「親」に似ることに驚きはない。不思議なのは、2人に対する党からの待遇の差だ。ゲーツよりも数多くの深刻な疑惑を持たれているトランプは、今も厚遇されている。

退任後、トランプが隠居中の別荘「マールアラーゴ」では数々の共和党政治家、共和党関連組織がイベントを催している。つまり、敬意もお金もトランプに払っている。先日は共和党全国委員会がここで主催する晩餐会のため10万ドルを支出したようだ。風刺画はこの冷遇・厚遇の差を、アメリカの有名なけなし文句をもじって表現している。馬い!

ポイント

TO HELL WITH YOU... AND THE HORSE YOU RODE IN ON!
お前の馬もろともくそ食らえ!(英語の慣用句)

NO, WAIT...NOT THE HORSE. THE HORSE IS COOL.
待てよ......馬のほうは大丈夫。馬はいい感じだ。

GOP
Grand Old Party の略で、共和党の愛称。同党のシンボルは象。

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中