コラム

Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

「マスク着用義務に反対!」のため、米共和党の人気議員が放ったトンデモ発言

<共和党の「顔」とも言える人気議員MTGだが、今回だけでなく過去にもひどい問題発言を連発している人物だ> アメリカンジョークの1つに、人、モ

2021.06.15
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

全米を震撼させた議会乱入事件を、観光ツアーだったことにしたい共和党

<米共和党のクライド議員は「普通の観光ツアー」だったと、とんでもない理屈で参加者たちを擁護> 1775年4月18日、アメリカ独立戦争の開戦前

2021.06.02
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

共和党のバイデン批判が、激しいばかりで空疎なものになる訳(パックン)

<ルーズベルト政権を手本にするバイデンは、ニューディール政策も顔負けの財政出動を提案したが、共和党の歯切れは悪い?> 20世紀アメリカを代表

2021.05.18
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

少女買春、収賄、選挙不正...米議員「炎上」で、際立つトランプの無傷ぶり

<トランプと同じようなスキャンダルを起こした「トランプ・チルドレン」の議員だが、両者への共和党の待遇は大違い> 米連邦下院議員のマット・ゲー

2021.04.27
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

守られるべき少数派は黒人ではなく白人? 共和党の最大の武器「フィリバスター」とは(パックン)

<議事妨害「フィリバスター」という制度をうまく利用してきた共和党は、民主党が進める制度の全面廃止に全力で抵抗> 米連邦議会上院で見られる議事

2021.04.14
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

差別的な人物を描くのはフィクションでもダメ?(パックン)

<人種、ジェンダーの差別につながる表現は、かつては「普通」だったものまで次々に存在を消されつつある> 黒人の人権を訴えるBlack Live

2021.04.02
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

バイデンの「大人外交」は実は血みどろ(パックン)

<記者殺害事件でサウジアラビアと皇太子を厳しく批判する......はずだったバイデン政権だが> ワシントン・ポストなどに寄稿するサウジアラビ

2021.03.19
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

米保守派の大スター、ラッシュ・リンボーの負の遺産(パックン)

<1988年から30年以上にわたって全国放送で保守派の怒りや憎しみをあおり、1000万人超のリスナーに行動を呼び掛けた> 日本で知られていな

2021.03.06
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

実害を及ぼすアメリカの陰謀論はもう笑えない!(パックン)

<陰謀論は面白いが、陰謀論者が連邦議員に当選したらもうちっとも面白くない> 陰謀論はキラーコンテンツだ。証拠も根拠もない荒唐無稽な主張はよく

2021.02.20
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

議会襲撃でわかった、アメリカはもはや「こんな国」(パックン)

<トランプの嘘や陰謀論を信じ込み、現実にあらがい暴力に走る――こんな醜い光景にも人々はもう驚かない> This is not who we

2021.02.06

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中