コラム

日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

2021年04月16日(金)19時25分

しかし、2人の初の首脳会談で最も注目を集めるテーマは、アメリカと中国という2つの超大国の地政学的対立だ。今回の首脳会談により、アメリカ国民の間で菅の知名度が大きく高まることはないだろう。一般的な知名度では、ロシアのプーチン大統領、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席、ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領、インドのモディ首相、カナダのトゥルドー首相などには遠く及ばない。

しかし、菅率いる日本はこれを機に、恐ろしい第3次大戦を回避するための要となる存在として地歩を固めていくことになりそうだ。国内で今日の世界において最も安定した自由民主主義国を率いる菅は、国際秩序の主導者および支柱として国際的な役割も強めたいと考えている。

菅が外交の舞台でセレブのように脚光を浴びたり、ドラマチックな行動を取ったりすることもないかもしれない。しかし、菅が適切な行動を取れば、のちの歴史家が菅政権の時代を極めて重要な転機だったと位置付けることになっても不思議ではない。

国際政治で菅が隠れた存在であり続ける日々は、間もなく終わる。私たちは、国際政治の新しいスターの誕生を目の当たりにしつつあるのかもしれない。

20210928issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月28日号(9月22日発売)は「予防医療の時代」特集。「治す」から「防ぐ」へ――ゲノム検診で異常検知し、マイクロRNA解析が癌を超早期に発見。極小ナノマシンが細胞診断する日も近い


プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

FRB、緩和縮小「近く」正当化 利上げ予想時期22

ワールド

菅首相、途上国向けワクチン3000万回分の追加供与

ビジネス

FOMC声明全文

ワールド

米仏首脳が電話会談、潜水艦問題後初めて 召喚の駐米

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 5

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 9

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 10

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中