Picture Power

【写真特集】ソ連時代の夢の跡に暮らす難民たち

REFUGEES IN THE RUINS

Photographs by SANDRO MADDALENA

2021年08月24日(火)15時30分

廃墟となったサナトリウムは旧ソ連時代、療養の人々でにぎわい、ジョージア出身の独裁者スターリンもこの温泉地を愛した

<現在、ほとんどが廃墟となったジョージア・ツカルトゥボのサナトリウムに暮らすのは、90年代のアブハジア紛争で故郷を追われた国内難民だ>

ppruins-map.jpg

黒海沿岸に近いジョージア(グルジア)西部の町ツカルトゥボは、ソ連時代、温泉保養地としてにぎわっていた。22の壮麗なサナトリウム(保養所)や周辺のホテルを、エリート層や労働者が休暇や療養のために訪れていた。しかしソ連崩壊後、ツカルトゥボは急速に寂れていく。

現在、ほとんどが廃墟となったサナトリウムに暮らすのは、1990年代にアブハジア紛争で故郷を追われた国内避難民だ。アブハジアはもともとジョージアの一部だったが、92年に独立を宣言し、ジョージアとの間で紛争が起きた。約20万を超える難民のうち5000人が、ツカルトゥボのサナトリウム跡に逃れ、現在も数百人がここで生活を続けている。

廃墟となったサナトリウムにガス供給や暖房施設はなく、衛生状態も良くない。ジョージア政府は、難民のための集合住宅の建設とツカルトゥボを温泉リゾートへと再生させる計画を明らかにしている。

しかし、経済状況の悪化で実現の見通しは立たず、コロナ禍で状況は一層悪化している。町の各所に遺るソ連時代の美しいモザイク画が、難民の苦境を一層際立たせる。

ppruins02.jpg

サナトリウム跡のプールで遊ぶ子供たち


ppruins03.jpg

難民の高齢男性たちはサナトリウムの地下にある一室に連日集まって、チャチャ(ジョージアの地酒、ワイン製造で出たブドウの搾りかすから造るウオッカ)を酌み交わす


ppruins04.jpg

現在はアブハジア難民が暮らすサナトリウム跡へと続くエントランス


ppruins05.jpg

曲線と直線が融合したデザインが美しいサナトリウムの階段。この施設は現在、開発業者に売却されたため難民は暮らしていない

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 3

    「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

  • 4

    これぞディズニーの魔法! グラスの氷に現れた「プリ…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 7

    アメリカ軍より優れる──ウクライナ内製ソフトで砲撃2…

  • 8

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

  • 3

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃…

  • 6

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 9

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 10

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中