コラム

大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すでに上回った部分

2021年07月23日(金)08時38分
オールスターに登板した大谷翔平

7月13日のオールスター戦で160キロ超の速球を連発した DUSTIN BRADFORD/GETTY IMAGES

<アメリカの家庭では「常に大谷が話題」だが、ルースに会ったことのある私の父なら彼をアール・コームスとも並べて称賛するだろう>

私のようなボストン・レッドソックスのファンは普段、時差のため西海岸のロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平のプレーを見る機会が少ない。だから7月13日夜に行われたオールスター戦をとても楽しみにしていた。

この日、大谷は際立ったプレーを見せたわけではなかった。1回表に大歓声の中で先頭打者として打席に立ったが、内野ゴロで凡退。先発投手としては1イニングを3人で抑え、160キロの速球も投げ込んだ。

その後、第2打席も内野ゴロに終わった。MVPは特大ホームランを放ったウラジーミル・ゲレーロJr.が受賞した。だがこの夜、最も輝いていたスターは大谷だった。

アメリカの野球好きの家庭ではどこも同じだろうが、わが家でも大谷は常に話題になってきた。なにしろ、大谷は野球選手の能力を測る主要な5つの基準でことごとく傑出している。

打率も上々だし、本塁打王争いでは現時点でトップを独走している。1塁に到達するまでのスピードも大リーグ屈指。その上、160キロを超す速球を投げ、華麗な守備まで披露する。このような選手を真のオールラウンドなプレーヤーと呼ぶのだろう。

おのずとベーブ・ルースと比較される

家族の会話では、おのずとベーブ・ルースとの比較が話題になる。100年前に活躍した投打二刀流プレーヤーだ。大リーグのスーパースターとして長く君臨したルースは、人間を超えた存在のように見なされてきた。どんなに優れた選手でも、こんな歴史上の大選手と比較されたくないだろう。

実は、私の父は7歳の頃、ルースと会ったことがある。1929年、ルースが当時所属していたニューヨーク・ヤンキースがレッドソックスとの試合でボストンに遠征していたときのことだ。その日はイベントが企画されていて、子供たちは試合前にベンチで選手と触れ合うことができた。

「足がすくんだ」と、父は当時を振り返った。それでも、母親にけしかけられてベンチに足を踏み入れた。どの選手がルースかも分からなかった。そもそも、選手たちの顔を見ることもできなかった。

「下を向いたまま、そばにいた選手にプログラムを突き出した」と、父は言った。「『坊主、どいてくれ! おまえに構っている暇はないんだ』。その選手は不機嫌そうに、私を押しのけた。それがベーブ・ルースだった」

「でも、その様子を見ていた別の選手が声を掛けてくれた。『坊や、こっちにおいで。サインしてあげるよ』。私はサインしてもらったプログラムを持って母親のところに逃げ帰った。その選手はアール・コームス。いい選手だった。子供にも優しかった」

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、民主党内の穏健派・進歩派と19日会合 

ビジネス

米下院の5議員、アマゾン経営陣を非難 議会に虚偽証

ワールド

米司法省、最高裁に上訴 テキサス州の中絶禁止法差し

ビジネス

カナダ企業、需要増加やコスト上昇圧力の高まりを想定

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 8

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 9

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中