最新記事

東京五輪

女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

Joyner’s Records Could Be Broken in Tokyo, Her Husband Says

2021年7月29日(木)19時23分
マギー・ジャイル

ソウル五輪当時はドーピング検査の精度も低く、検体も保存されていないため、当時の記録には疑惑がつきまとう。ジャマイカやアメリカの女子選手が好記録をマークし、東京での記録更新が期待されて、ジョイナーの「不滅の記録」が再び注目されるなかで、くすぶっていた疑惑も再び渦巻き始めた。生前のジョイナーと親しく、今も家族と付き合いのある俳優のホリー・ロビンソン・ピートはそんな雲行きを察して、ツイッターでこう釘を刺した。

「彼女の葬儀の日、私は胸がつぶれる思いだった。どうか彼女の遺族やレガシーを汚すような心ないコメントは慎んで!」

アル・ジョイナーも長年、亡き妻の記録に対する疑問や批判の声に悩まされてきたが、超然とした態度を貫こうと努めてきたと言う。女子のランナーでフロレンスを超える最長記録を保持しているのは、1985年に400mの世界記録をマークした東ドイツのマリタ・コッホと、1983年に800mの記録を樹立したチェコスロバキアのヤルミラ・クラフトフミロバだけだ。いずれも、東欧圏の国々が国家ぐるみでドーピングを行なっていた時期に樹立された記録である。

亡き妻は疑惑に対し「常に超然としていた」と、アル・ジョイナーは言う。「私もそうしようと努めている。彼女は常に品位を失わなかった」ちなみに彼の妹、ジャッキー・ジョイナー・カーシーも陸上七種競技で活躍した伝説的なアスリートだ。

目を剥くようなタイム

アル・ジョイナーは亡き妻のトラックでの活躍と、彼女との忘れがたい思い出を大切にしていると話す。その1つは、ソウル五輪前の予選会で、三段跳びに出場するために準備をしている最中、妻の100mのレースを応援するため、トラックに目をやったときのこと。

忘れもしない7月16日のこの日も、彼女はトレードマークの鮮やかなマニキュアを塗った長い爪、片脚だけロングスパッツになっている蛍光色の紫のウエア姿で、ネオンカラーの疾風のようにトラックを駆け抜けた。ゴールした瞬間、会場がどよめき、アナウンサーは一瞬声を失った。電光掲示板に躍ったのは10秒49。目を剥くようなタイムだ。

妻が成し遂げた歴史的な偉業に、アル・ジョイナーは宙高く飛び上がった。その喜びのジャンプを、自分のレース後に繰り返すことはなかった。1984年のロス五輪で三段跳びの金メダルに輝いた彼は、この大会で敗退し、ソウルでの2連覇はかなわなかった。

自分のことより、妻が出した偉大な記録で「胸がいっぱいだった」と話す。

彼女は五輪本番でも大活躍し、誰も真似できないと言われるような快挙を成し遂げた。ロス五輪の200mでの銀メダルに加え、ソウルではリレー2種目にも出場し、3個の金を含め4個のメダルを獲得したのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ボーイング、第3四半期は赤字 787型機や宇宙船巡

ビジネス

英財務相、公的支出拡大と新たな減税を表明 予算演説

ビジネス

米耐久財コア受注、9月は0.8%増 予想上回る

ビジネス

米GM、第3四半期は減収減益 半導体不足は来年終盤

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 8

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 9

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月