最新記事

東京五輪

女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

Joyner’s Records Could Be Broken in Tokyo, Her Husband Says

2021年7月29日(木)19時23分
マギー・ジャイル
ソウル五輪のジョイナー

ソウル五輪で3個の金メダルと1つの銀メダルを獲得したジョイナー。100と200の記録は33年間破られていない Olympics-YouTube

<ソウル五輪以来33年破られていない100と200の不滅の記録、圧倒的過ぎるだけにドーピング疑惑もつきまとった疑惑の記録は破られ、東京大会で歴史が作られるかもしれない>

陸上短距離の女王と呼ばれた故フロレンス・グリフィス・ジョイナーが1988年のソウル五輪で樹立したオリンピック記録は東京で破られる可能性があると、アメリカの元陸上代表でジョイナーの元夫のアル・ジョイナーがAP通信に語った。

webw210729_joyner2.jpegソウル五輪のジョイナー夫妻(1988) REUTERS

「フロー・ジョー」の愛称で親しまれたフロレンス・ジョイナーが樹立した100mと200mの記録は33年間破られていない。今の陸上女子短距離のトップ選手の多くは、彼女が活躍した当時、まだ生まれていなかった。ソウル五輪直前の代表選考会で出した100mの世界記録10秒49と五輪本番の200m決勝で出した21秒34は不倒の大記録として、現役スプリンターの目の前に立ちはだかっている。

記録更新が期待されるのはジャマイカ勢だ。北京とロンドン大会の金メダリストで、出産後に復帰した「マミー・ロッカー」ことシェリーアン・フレイザープライスは6月にジャマイカで行われた競技会で女子100m歴代2位となる10秒63をマーク。チームメイトのエレイン・トンプソンも7月に10秒71を出した。アメリカの女子短距離のホープ、シャカリ・リチャードソンも4月に10秒72をマーク。フロレンス・ジョイナーが1988年9月24日にソウルで出した女子100mのオリンピック記録10秒62が破られるのは時間の問題だろう。


「私を超えてほしい」

AP通信が伝えた詳細は以下のとおり。

アル・ジョイナーは亡き妻が打ち立てた記録が破られても驚かないと話した。たとえ東京で破られなくとも、2024年のパリ五輪か、それ以前に新記録樹立のチャンスがあると、彼は見る。自分の記録が破られるのは、フロレンスにとっては本望だ、というのだ。

「彼女はあるとき私に言った。『若い選手には私の後を追いかけてほしくない。私を超えてほしい』と。それが彼女の変わらぬ夢だった」

フロレンスの記録には疑問がつきまとい、過去には公認取り消しを求める声も上がった。

当時としては考えられないようなタイムであること、以後30年余りもコンマ14秒圏内まで迫れたスプリンターがいないことから、ソーシャルメディアなどでは、露骨にドーピングを疑う声が上がっている。100mの世界記録が出たインディアナポリスでの予選会では、かなり風が強く、他の記録の多くは「追い風参考」となったが、ジョイナーが走ったときは風速ゼロだったとして世界新と公認された。またソウル五輪でベン・ジョンソンが出した記録がその後のドーピング検査で剥奪されるなど、男子の記録はたびたび公認が取り消されてきたにもかかわらず(現在の世界記録は2009年にウサイン・ボルトが出した9秒58)、ジョイナーの記録は一貫して問題なしとされてきたことも疑いの目で見られている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北京五輪「平和の祭典として期待」、米ボイコットにコ

ワールド

ファイザーかアストラ接種後にモデルナで高い免疫反応

ビジネス

パウエルFRB議長の再任、おそらく支持=共和党上院

ワールド

ドイツ、核協議でイランに現実的な提案求める

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月