コラム

差別的な人物を描くのはフィクションでもダメ?(パックン)

2021年04月02日(金)13時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

The Cartoonist's Dilemma / ©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<人種、ジェンダーの差別につながる表現は、かつては「普通」だったものまで次々に存在を消されつつある>

黒人の人権を訴えるBlack Lives Matter(BLM)運動。乱射事件も含むアジア系市民への嫌がらせや暴力、ニューヨーク州知事など有力者のセクハラ疑惑。こういった話題が続出するなか、人種やジェンダー関連の差別への警戒心は史上最高水準に達している。特にいま問題視されているのは、差別行為の発端となる差別的な潜在意識。

その潜在意識は生活環境から身に付くと考える専門家が多い。人は、聞く言葉、見る光景、日々繰り返す体験から「普通」を学習する。故に、正しい意識や概念を育むために、バイアスのある芸術や文学、音楽などを正さないといけない。こんな考えから、「普通」だった文化が次々と廃止されている。

衝撃だったのは、アメリカを代表する絵本作家ドクター・スースの6作品が、差別的な描写を含むため出版停止になったこと。僕も大好きなスース作品はキャッチーな韻を踏みつつ、個性の尊重、弱者や環境を守ること、戦争反対など素晴らしいメッセージを伝えるものだ。ほとんどは。だが、この6冊には白人が黒人をむちで打つなどという場面もある。韻を踏みながら人権をも踏みにじる絵本は今や許されないだろう。

芸人として気になるのはお笑いの評価。昔大受けしたものでも、今やると「差別だ!」と、こっぴどくたたかれるネタも多い。僕は何も差別していないのに、いつも隣のアジア人男性にたたかれているけど。

この風刺画が注目するのは、もちろん漫画やアニメだ。登場人物の描き方がステレオタイプを助長するという理由でディズニーが子供向けの配信を停止したアニメ映画もあれば、セクハラ行為が目立つからワーナー・ブラザースが映画の出演を取り消したキャラクターもある。

そこでジレンマとなるのは、差別的な言動で知られる政治家が登場する作品。つまり描き方が問題な架空の人物ではなく、生き方が問題の実物だ。現実を描くだけで差別的になってしまう恐れがある。でも、政治家を取り上げるのが風刺の仕事。漫画から消すのではなく、政界から消すのが正解だろう。

【ポイント】
I GET WHY PEOPLE WANT TO CANCEL RACIST AND SEXIST CARTOON CHARACTERS...

人々が人種・性差別的な漫画やアニメの登場人物を撲滅したいのは理解できる...。

THEY'RE OFFENSIVE AND KEEP US STUCK IN THE PAST!
不快だし、過去の因習にとらわれているものだからね!

BUT DO WE HAVE TO GET RID OF THEM ALL?
でも、全部が全部ダメかな?

PLEASE... CAN'T I JUST KEEP THIS ONE?
これだけは残しちゃダメ?

EDITORIAL CARTOONIST
風刺漫画家

20210622issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月22日号(6月15日発売)は「ルポ 武漢研究所のウソ」特集。新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関が繰り返した危険な実験。「素人集団」が矛盾を暴く。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

世銀、インドネシアに13億ドルの融資を承認 コロナ

ワールド

大手金融機関、米新祝日の振り替えで従業員に休暇付与

ワールド

カナダ、大手行の国内安定バッファーを引き上げ

ワールド

米黒人労働者の収入、白人を依然下回る=リポート

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中