コラム

「EXCELLENT WET PAPER」日本の商品パッケージで見かける奇妙な英語

2020年10月14日(水)11時25分

日本語の省略感覚は間違った和製英語の原因になる

●COCONUT CHOCO SAND

日本のスーパーの棚に並んでいたこの商品の写真を見たとき、「砂なんて食べたくない!」が私の最初の反応でした。SANDは「砂」であり、正しくはsandwichです。

このSANDはsandwich cookieの省略で、CHOCOはchocolateの省略を意図したのでしょう。「チョコ」と「サンド」はカタカナとして定着しているので、日本人の間では通じるかもしれませんが、英語ではそのように省略しないため、変に聞こえます。

特に今回の場合、クッキーの外側にあるココナッツフレークが砂のように見えるので、「本当に砂を食べるのか」と感じてしまうかもしれません。

日本人はchocolateやsandwichのような発音しにくい英単語を省略することを好みます。しかし、日本特有の省略方法を用いることが多い。基本的に、その省略方法はカタカナに基づいています。日本人同士ではそれで通じるかもしれませんが、その考えに基づいて省略された単語をローマ字にすると、英語として通じないことがよくあるので、注意が必要です。

望ましくない連想を避けるためにネイティブチェックをしよう

●High quality refined Japanese camellia oil make your hair moisture

この商品は私も使っていて、とても質の高い商品だと思いますが、パッケージに書かれている英語は残念ながら間違っています。

現在は日本のみの発売かもしれませんが、先ほども述べたように、日本で商品を買う人が必ずしも日本人というわけではありません。さらに、この英文では輸出した際に外国の人に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

この英語の問題点は、単純な文法ミスです。まず、makeはmakesであるべきです。この文章では主語から考えて活用が必要であるため、三人称単数でmakesになります。

また、文中ではmoistureを形容詞として扱っていますが、本来は名詞です。形容詞にすると、moistになります。

しかし、髪の毛に関してはmoistをあまり使いません。moistはケーキなどの食べ物や、汗をかいた肌の修飾語として使われます。また、moistが気持ち悪いと思っている人が多くいるので、この単語の使用を考えるときには注意が必要です。

より適切な形容詞として、glossyやsilkyがあります。また、ここで動詞を使用するのも可能です。例えば、shineにすればとても自然なのではないかと思います。moisturizeをmakeの代わりに動詞として使う手もあります。そうすればmoisturizes your hairになります。

ネイティブの目には文法の間違いが目立つため、商品のイメージに悪影響を与えます。以上の理由からネイティブチェックは役に立つのです。

◇ ◇ ◇

今回紹介した物は全て日本の会社の製品で、もしかすると日本だけで発売されているのかもしれません。

しかし、日本には日本人だけが住んでいるという時代は既に終わりました。また、英語が流暢な日本人も多くなりました。そのため日本国内で販売されている商品にもネイティブチェックを通して、とんでもない英語が出回らないように気を付けて頂きたいです。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 北九州市立大学英米学科グローバルビジネスプログラム教授。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中