コラム

new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

2020年02月23日(日)10時00分

厚生労働省ウェブサイトのトップページ

<厚労省のウェブサイトを見ると、新型コロナウイルスに関する重要な情報は不自然な英語が多く、また日本語の分からない人には見つけにくいという問題があった(その後、批判されて改善されたが)。問題は質の低い機械翻訳にあり、その根本は今も変わっていない>

先日、東京のとあるホテルのエレベーターに乗ると、日本語と英語と中国語で書かれた「咳エチケット」のポスターが貼ってありました。新型コロナウイルスの蔓延が懸念される中では当たり前のように思われますが、そのポスターを見て私は驚きました。ポスターの英語があまりにもおかしかったからです。

●With doing nothing, a cough and a sneeze are done.
When doing a cough and a sneeze, about 2 m of spray flie
s.
There is a possibility that a pathogen is included in spray, a
nd there is a possibility that I infect other people with the d
isease.

ポスターの上部には厚生労働省のURLが書かれてあったので、早速チェックしてみました。

厚労省のサイトの右上にある「English site」をクリックすると英語のページに移りますが、上のツイートをした2月16日の時点では、そこにコロナウイルス関連の情報は見当たりませんでした。そこで次に、日本語サイトのコロナウイルス関連のページを開き、ページの左上にある「言語切替」で英語を選択しました。

すると出てきたのが、下記のメッセージです。

●The following pages are translated by a machine translation system.
Note that the machine translation system doesn't guarantee 100% correctness.
Some proper nouns might not be translated correctly.
Some PDF might not be able to translate.

つまり、これから表示される英語のページは機械翻訳によるものというお知らせのメッセージなのですが、このメッセージの英語そのものがとても不自然(特に、Some PDF might not be able to translate. は Some PDFs may not be translatable. のほうがよいです)だったので、その後に表示される英語はあまり信頼できる翻訳ではないように思われます。

ホテルのエレベーターに貼ってあった咳エチケットの情報の変な英語も、この機械翻訳によるものです(参考)。ホテルの人は厚労省のサイトにあるものなら大丈夫だと判断したのかもしれませんが、決して「大丈夫」ではありませんでした。

私はコロナウイルスに関する他の情報もチェックしましたが、ごく少数のPDFと情報ページ1つを除く全てが同様に機械翻訳による理解しがたい英語で書かれていました。韓国語と中国語のオプションもありましたが、それも同程度の出来ではないかと疑われます。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 北九州市立大学英米学科グローバルビジネスプログラム教授。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 7

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中