コラム

「45歳定年」は130年前のアイデア? 進歩的過ぎるSF作家たちの未来予想図

2021年09月21日(火)19時00分

モアが描いたユートピアは「どこにもない場所」を意味するギリシャ語にちなんだ造語だ。その世界では、人々の労働時間は1日6時間、余暇は教養に充てられる。「ユートピア」を象徴するような理想的な箇所を抜粋すると、そう言い表すことができる。

当時の政治や社会体制への批判も込めたユートピアは、その後ヨーロッパ全域で広まる進歩思想の、拠りどころの一つとなった。科学や産業の発達・振興が理想の社会を形づくるという思想だ。

その1世紀余り後の1627年、フランシス・ベーコンの遺稿をもとに刊行された『ニュー・アトランティス』もまた、ユートピアの思想を色濃く反映した作品である。架空の島に理想の学府「ソロモンの館」が設けられ、発達した科学技術に基づく理想郷が描かれている。

さらに、1770年にはフランスのセバスチャン・メルシエールが『2440年』を著した。当時から600年以上先という途方もない未来を見据えた意欲作だった。進歩思想が行きつくであろう先、パリの子孫らの暮らしぶりを思い描いた作品だ。

そこでは国家間の対立のない平和な世界で、旅をするにも旅先の家々が客人を歓待するためホテルが皆無といった未来が待っている。母国フランスでは『2440年』は過激な進歩思想に基づく現体制批判と捉えられ、発禁となったほどだった。

これら一連の作品が巷間をにぎわせる中、蒸気機関の発明など文明の発達と相まって、未来に対する人々の明るい期待はいよいよ膨らんでいった。


未来学は、その時代時代の科学技術の粋の結晶を反映した論考や小説が土台となり、それに感化された読者ら市民の熱狂を学問的発展の原動力としていく。

19世紀の二大巨頭

19世紀に入ると、社会をより良い方向へいざなう科学技術への人々の信頼、期待は一層大きくなる。当時の最新技術のさらなる改良、改善が進んだ先の未来に目を凝らそうとする野心的な作品がいよいよ多くなっていく。発展した科学技術が導く世界、人類の姿を夢想する作品が発表され、相次いでベストセラーを記録するようになる。

そうしたジャンルの書籍の書き手も種類も前時代に比べ桁違いに増える中、その代表格の一人はフランスのジュール・ベルヌだ。「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」という名言を遺し、未来学にインスピレーションを与えた類まれな一人だ。

平和主義者・進歩主義者であると同時に「SF小説の父」とも呼ばれ、『地底旅行』(1864)や『海底二万里』(1870)など、世に送り出した作品の数々や思想は後世、今に至るまで人々や産業に多大な影響を与え続けている。

そして、ベルヌと共に「SFの父」と並び称せられるのが、『タイムマシン』(1895)や『アンティシペイションズ』(1901)を手掛けた英国のH・G・ウェルズだった。ウェルズにより未来学、未来研究の基礎が出来上がったとさえ言われる。

両巨頭の主著や功績は、連載の中であらためて触れていきたい。

プロフィール

南 龍太

共同通信社経済部記者などを経て渡米。未来を学問する"未来学"(Futurology/Futures Studies)の普及に取り組み、2019年から国際NGO世界未来学連盟(WFSF・本部パリ)アソシエイト。2020年にWFSF日本支部創設、現・日本未来学会理事。著書に『エネルギー業界大研究』、『電子部品業界大研究』、『AI・5G・IC業界大研究』(いずれも産学社)のほか、訳書に『Futures Thinking Playbook』(Amazon Services International, Inc.)。東京外国語大学卒。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

南ア、ワクチン接種の義務化検討 規制強化は見送り

ワールド

オミクロン株、世界各地に広がる 各国で対策強化の動

ワールド

オミクロン株、他の変異株より重症引き起こすのかまだ

ワールド

英、G7保健相の緊急会合を招集 オミクロン株の対応

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中