注目のキーワード

感染症

ニューズウィーク日本版『感染症』に関する記事一覧

アメリカで「狂犬病」感染が過去10年で最多に、最大の問題は「認識の欠如」
感染症

アメリカで「狂犬病」感染が過去10年で最多に、最大の問題は「認識の欠如」

<19年、20年と0人だったアメリカにおける狂犬病の症例が、21年には5人に急増。CDCはリスクを認...

2022.01.08
オミクロン株、風邪ウイルスの遺伝物質取得か 免疫システム回避の可能性
変異株

オミクロン株、風邪ウイルスの遺伝物質取得か 免疫システム回避の可能性

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、同じ細胞内に存在する別のウイルスの遺伝物質の一部...

2021.12.06
オミクロン株、欧州やオーストラリアなど世界各地に広がる 各国で対策強化の動き
パンデミック

オミクロン株、欧州やオーストラリアなど世界各地に広がる 各国で対策強化の動き

南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の感染が世界各地に広がっている...

2021.11.29
WHO、南アフリカの新変異株を有害な変化がある「懸念される変異ウイルス」に指定 「オミクロン株」と命名
感染症

WHO、南アフリカの新変異株を有害な変化がある「懸念される変異ウイルス」に指定 「オミクロン株」と命名

世界保健機関(WHO)は26日、独立専門家会合を開き、南アフリカで検出された新型コロナウイルスの新た...

2021.11.27
南アフリカで新たなコロナ変異株「B.1.1.529」 免疫反応回避などの特徴
新型コロナウイルス

南アフリカで新たなコロナ変異株「B.1.1.529」 免疫反応回避などの特徴

南アフリカの専門家らは25日、少数ながら新型コロナウイルスの新たな変異株を検出したと発表した。この変...

2021.11.26
新型コロナ感染第1号、中国・武漢の海鮮市場で海産物売りの女性=米研究
パンデミック

新型コロナ感染第1号、中国・武漢の海鮮市場で海産物売りの女性=米研究

新型コロナウイルスの最初の感染者は中国・武漢市にある市場の売り子で、市場とは無関係と思われる会計士で...

2021.11.19
40年前に根絶したはずの「天然痘ウイルス」が戻ってくる?
感染症

40年前に根絶したはずの「天然痘ウイルス」が戻ってくる?

<政府機関の厳重な監視の下に置かれているはずなのに、メルク社の冷凍庫を片付けていた職員がラベルに「天...

2021.11.18
欧州とアジアで鳥インフル流行の兆候 中国では鳥=ヒト感染が21例にも
感染症

欧州とアジアで鳥インフル流行の兆候 中国では鳥=ヒト感染が21例にも

国際獣疫事務局(OIE)は、欧州とアジアでここ数日、病原性の高い鳥インフルエンザの流行が複数報告され...

2021.11.16
青年期の感染症と多発性硬化症のリスクとの関係が明らかに
感染症

青年期の感染症と多発性硬化症のリスクとの関係が明らかに

<青年期の様々な感染症が多発性硬化症のリスクを高めることを明らかにした> 多発性硬化症(MS)とは...

2021.11.05
「新型コロナウイルス、生物兵器として開発されず」米国家情報長官室
感染症

「新型コロナウイルス、生物兵器として開発されず」米国家情報長官室

米国家情報長官室(ODNI)が29日に公表した文書で、米国の情報機関が新型コロナウイルスは生物兵器と...

2021.10.30

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice