最新記事

生体ロボット

世界初、自己複製する生体ロボット、カエルの幹細胞から開発される

2021年12月1日(水)18時55分
松岡由希子

自己複製する生体ロボット「ゼノボット3」 Douglas Blackiston

<2020年、プログラム制御可能な生体ロボット「ゼノボット」を世界で初めて開発し、大いに注目を集めたが、この研究を進化させて、自己複製する生体ロボットが開発された>

米バーモント大学、タフツ大学らの研究チームは2020年1月、プログラム制御可能な生体ロボット「ゼノボット」を世界で初めて開発し、大いに注目を集めた。ゼノボットは、人工知能(AI)による設計のもと、アフリカツメガエルの胚から採取した多能性幹細胞から培養されたもので、目標に向かって移動したり、物を運搬したり、集団行動できる。また、自己再生でき、切られても自然に修復する。

Meet the Xenobot, the World's First-Ever "Living" Robot


生殖する「ゼノボット3.0」の開発に成功

2021年3月にはこれを進化させた「ゼノボット2.0」を開発。アフリカツメガエルの胚から採取した幹細胞を自己組織化させてスフェロイド(細胞凝集塊)に成長させたところ、数日後に一部の細胞が分化して繊毛を作り出し、より速く移動できるようになった。また、「ゼノボット2.0」では情報を記録する読み書き機能も実装されている。

ゼノボット2.0


研究チームはさらに研究を重ね、生殖する「ゼノボット3.0」の開発に成功した。一連の研究成果は、2021年11月29日、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表されている。

「ゼノボット3.0」の生殖は「自発的な運動学的自己複製」と呼ばれる現象によるものだ。アフリカツメガエルの胚から多能性幹細胞を採取して解離させ、生理食塩水に置くと、自然とくっついて約3000個の細胞にまとまり、5日後には繊毛上皮で覆われたスフェロイド状の表皮となる。

これをペトリ皿で約6万個の幹細胞の中に入れると集団行動によって一部の細胞が積み重なっていき、50個以上の細胞になると、その子となって自ら動きはじめる。さらに解離した幹細胞があれば、同様のプロセスで子から孫ができる。

効率よく自己複製させる形状をAIでつきとめる

研究チームは、人工知能を活用し、効率よく自己複製させるためには、パックマンのようなC型の形状が最適であることも突き止めた。C型となるように切り込みを入れたゼノボットが幹細胞の中を動き回ると、解離した幹細胞がパックマンの口の部分に次々と集まって積み重なり、数日後には、子となって自ら動き出す。

Xenobots: Building the First-Ever Self-Replicating Living Robots


「自発的な運動学的自己複製」は、これまで分子レベルではみられたが、細胞全体や生命体レベルで観察されたことはない。研究論文の責任著者でバーモント大学のジョシュ・ボンガード教授は「生命体の中でいままで知られていなかった領域を発見した。これは広大な領域だ」と述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月