最新記事

米台関係

菅の訪米直前、バイデンはここまで台湾に肩入れして見せた

China Threatening Regional Peace and Stability, Taiwan Tells Biden Envoys

2021年4月16日(金)21時15分
ジョン・フェン

「バイデン政権が繰り返し、台湾海峡の平和と安全の重要性に言及してくれていることに感謝している」と蔡は述べた。「中国はこのところ、台湾周辺に頻繁に艦船や軍用機を派遣して、作戦行動を展開している。インド太平洋地域の状況を様変わりさせ、地域の平和と安定を脅かす行為だ」

さらにこうも述べた。「国際社会に積極的に貢献する立場として、台湾はアメリカをはじめ同じような考えを持つ国々と協力して、インド太平洋の平和と安定を守り、(中国による)向こう見ずな作戦行動や挑発行為を阻止していきたいと考えている」

また中国の「認知戦」と偽情報に関しては、今後も台湾の「豊富な経験」を、アメリカをはじめとする各国と共有していきたいと述べた。

30年にわたって上院議員(コネチカット州選出)を務めた経験を持つドッドは、米台間のパートナーシップは「これまで以上に強固」だと述べ、バイデン政権は台湾にとって「頼りがいのある、信頼できる友人」になるだろうと蔡に語りかけた。「バイデン政権は、あなた方が国際社会での活躍の場を広げる手助けを行い、自衛に投資するのを支援すると確信している」

中国外務省「慎重に扱うべき問題」と不快感

アーミテージは、バイデンが自分たちを台湾に派遣したのは、中国を「苛立たせる」ためではないと主張。代表団が台湾に派遣されたのは、「皆さんが築きあげた、そしてあなたが現在率いているこの偉大な民主主義の継続を支持する」ためだと蔡に語った。

中国は米代表団が台湾に到着した日(14日)の朝に、4月15日から20日にかけて台湾南西部の沖合いで実弾発射を伴う軍事演習を実施すると発表して怒りを表した。

台湾国防部の張哲平副部長は、15日に開かれた議会の公聴会で、人民解放軍が台湾海峡の2つの海域で予定している6日間に及ぶこの軍事演習は、バイデン政権が台北に特使を派遣したことに対する直接的な反応だと指摘。また、国防部の邱国正部長が代表団と会談を行う予定だとも語った。

同日、中国外務省は記者会見の中で、「台湾の問題は、きわめて慎重に扱うべき性質」のものだと強調。趙立堅報道官は、アメリカが「台湾独立派に誤ったシグナルを送って」いると批判した。中国政府は台湾を「再統一」すると宣言しており、必要であれば武力行使もいとわない姿勢だ。

米代表団は台湾の全ての主要政党の議員らと会談を行うと報じられており、現地時間で16日早朝には台湾を発つ予定だ。

ニュース速報

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

ビジネス

米国株式市場=ダウ533ドル急落、FRB当局者のタ

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月