コラム

中間選挙の注目は共和党の女性候補たち

2010年06月09日(水)12時04分

 中間選挙まで残り5カ月に迫る中、各州では予備選が最高潮になってきています。中でも注目されるのは、今週の火曜日、8日に行われたカリフォルニア州の2つの共和党の予備選です。まず、州知事ですが、前職のリコール後の選挙で話題を呼んだアーノルド・シュワルツネッガー知事も2期目を終えることとなり、州憲法の規定により3選出馬は禁止されているために退任します。その後任として、ここへ来て有力となっているのが共和党のメグ・ウィットマン女史です。

 とにかく、現在のカリフォルニア州知事というのは全国的に見ても大変に注目を集めるポジションであるのは間違いありません。州財政は慢性的に破綻状態であり、これをどうやって乗り切るのか、並大抵の手腕ではダメという状況があるからです。逆に考えれば、このカリフォルニア州政府を立て直すことができるような人物が現れれば、その実績はそのままホワイトハウスに直結しているとも考えられるのです。

 さて、このウィットマン候補ですが、出身はビジネスの世界で、他でもないネット・オークションの大手「イーベイ」の経営者でした。1998年に彼女が入社した際には、わずか30名の従業員で売り上げが400万ドル(4億円弱)だったイーベイを、退任するまでの10年間に従業員1万5千人、売り上げ80億ドル(7200億円)の巨大企業に育て上げた実績は、いわゆるシリコンバレーのサクセスストーリーの中でも代表的なものの1つでしょう。組織を細分化し、責任と目標管理を明確化することで多角化と国際化を成功させた手腕は、もしかしたらこの州の財政再建を成功させるかもしれないと、注目されています。

 もう1人、同じカリフォルニアの連邦上院の候補を狙っているのは、同じくシリコンバレーのスター経営者であった、カーリー・フィオリーナ元HP(ヒュレット・パッカード)社会長です。フィオリーナ女史の実績も、ウィットマン女史に負けてはいません。というよりも、女性としてそもそも既に巨大であったHPを統率した点で、知名度はこちらが上かもしれません。とにかくコンパックとの合併を強行する中で、創業家との確執を力で押し切った手腕、そして超巨大化した合併後の新HPを良くも悪くも全世界でのシェア確保のために普及価格帯での勝負に突っ走った際の潔さなどは、何とも強烈なキャラクターです。

 90年代までのアメリカでは、どんなに女性が頑張っても政財界の頂点を極めるのは難しく、そこには目に見えない「ガラスの天井」があるのだという言い方がされていました。フィオリーナ女史は、その「ガラスの天井」を叩き壊した1人であることは間違いないでしょう。仮に今回の予備選で勝利したとすると、11月の本選では民主党のリベラル派の現職バーバラ・ボクサー女史との一騎打ちということになります。

 では、この2人はどうして共和党から出るのでしょうか? そこには、いくつかの要因があると思います。恐らく個人的な思いとしては、自分たちは「女性というハンディを克服して男性優位社会と戦って勝利してきた」という強い自負があるのでしょう。その自負は、「女性の権利を政策として優遇する」発想へのアンチになるということがあると思います。人権という理念に依存しがちなリベラルとはどうしても一線を画したがるのです。もう1つの要素は、財政赤字の問題です。企業家としての観点から、連邦並びに州政府の財政危機は見過ごせない、自分たちが企業経営で成功したノウハウを使って、何とか財政再建をやってみたいという強い思い、これはどう考えても共和党的な発想法になります。

 共和党といえば、その中には「ティーパーティー」運動という草の根保守の動きが渦巻いています。この「ティーパーティー」のグループは、今回のカリフォルニアから出馬した2人の「女性IT長者」には距離を置いています。財政再建への意欲は買うが、所詮はエリートの億万長者で庶民感覚は薄いと思われている点が1つ、IT業界出身ということで、社会価値観は「進歩派」ではないかという「疑念」を持たれていることもあります。

 例えば、フィオリーナ女史に関しては、前回の大統領選に際してマケイン候補の「応援団」の1人として遊説に同行したことが何度もあったのですが、運動の中で「ペイリン副大統領候補(当時)」に対して能力的に「疑問」を呈したことがありました。この「お高く止まった姿勢」については、今でもペイリンの熱狂的な「ファン」からは「あの女だけは許せない」という怨念を持たれているようなのです。当のペイリンはフィオリーナを上院の候補として支持しているそうですが、保守派との間で多少の軋轢はまだまだあるでしょう。

 予備選の結果が出るのは、時差の関係もあって本稿アップの少し後になると思いますが、いずれにしてもこの2人の動向は興味深いと思います。仮に2人とも予備選に勝利した場合は、カリフォルニアの場合は「ダブル選挙効果」となって本選でも両方のポジションを取る可能性があるからです。特にウィットマン候補の知事はこのまま行くとかなり有力で、その勢いでフィオリーナまでボクサーに勝つようですと、上院の勢力地図には大きな影響が出ることになります。また、中道派のベテランがどんどん切られている中で、「ティーパーティー派」ばかりが目立つ共和党内で、「新顔ながら穏健な実務派」が輝くというのは悪いことではないようにも思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

ペトロブラスの第2四半期、利益が予想超え 原油高や

ビジネス

米ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧

ビジネス

英国がASEANの対話パートナーに、EU離脱後の政

ワールド

米財務省、立ち退き猶予延長で支援金の支給加速へ=イ

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中