松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで計6年強を過ごす。駐在員時は、在英日本人向けに英国および欧州のビジネスニュースを日本語で配信する日系企業にて編集・執筆などに従事。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に幅広い分野の翻訳・ライティング(ときどき通訳)を行っている。

オーストラリア

アボリジニの聖地「登らないで」の声を無視、禁止前に駆け込み客が殺到

2019.07.17
台湾

女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

2019.07.12
芸術家

この爽やかイケメンはバンクシー? 16年前の映像発見

2019.07.08
健康

英国のママ6割がエクササイズに罪悪感、自由になる時間は1日1時間未満

2019.06.28
ノルウェー

世界初「時間のない世界」へようこそ、北極圏の島が名乗り

2019.06.25
イギリス

英国でテロ関連逮捕者、白人&極右思想の割合高まる

2019.06.20
AI

AI開発、二酸化炭素排出量は車の5倍

2019.06.14
プラスチック

年間12万個のプラスチック片を口にしている私たち

2019.06.11

認知機能の向上やがん抑制に期待、今すぐブルーベリーを食べたい7つの理由

2019.06.10
宗教離れ

日本の無神論者は最も「超自然を信じない」──6カ国での大規模調査

2019.06.07
寄生虫

ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

2019.06.03
公衆衛生

もうトイレより汚いなんて言わせない! 空港のトレー、抗菌仕様へ

2019.05.31
ADHD

天才ダ・ヴィンチはADHDだった!?

2019.05.28
生殖

男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべき理由

2019.05.24
EU

「EU加盟国同士の戦争はありえる」、欧州人3割が回答

2019.05.21
動物

絶滅危機から「ハリネズミ戦争」での肥満まで──欧州ハリネズミの受難

2019.05.17
絶滅

ニュージーランドで進む環境破壊、人類入植以来すでに75種が絶滅

2019.05.08
検証

3秒ルールは「アリ」、食べ物によっては30分放置もOK

2019.04.30
実験

「ホントは、マタタビよりもゴハンよりも人間が好き」──猫より

2019.04.29
運転免許

93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめます」

2019.04.24

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月