コラム

3密回避? 大丈夫、日本には自動販売機がある!

2020年05月28日(木)16時50分

robbin0919-iStock.

<接触を避けるべきとされる今、日本の誇る「無人機械インフラ」は見直されていい。この国には、天ぷらうどんが買える自販機だってあるのだから>

緊急事態宣言が解除された今、国民が注意深く次の一歩を踏み出そうとしている――都道府県知事たちが見守る中。筆者も同様、どうにかしてこの仙人のような生活を止めたいところだ!

でも日本は、新規感染者数がゼロに近いところまで下がったギリシャやアイスランド、ジャマイカなど(5月27日現在)とちょっと違う現状にあるので、まだ慎重さが欠かせない。

比較的効率よく拡散を抑え込めたドイツだって、学校再開のタイミングで実効再生産数が節目の1をまた上回った。また、お隣の韓国でも、再び感染の急増が生じた。日本も、第二の波について考える前に、第一の波が長引くことをまず心配しなくてはならない。

よく考えたら、日本には巣ごもり自炊生活からのちょうどいい脱出方法がある。その名は、自動販売機。日本は数に関しても、売り上げに関しても、世界一。自動精算機などを入れると400万台以上の自動販売機があり、4兆7000億円以上の売り上げを立てている(2016年、日本自動販売機工業会発表)。

確かに、ここ数年はコンビニとの競合によって販売が圧迫されてきており、今年、外出自粛が広がったことで全体的に需要が落ち込んでいる。

しかし、他人との接触を避けるべきと言われる今、こういった無人機械は大いに注目されるべきだと思う。なんせ飲食店と違って、スタッフいらずの空間なので、「3密回避」とは相性がいい。利用者はほかの客との距離だけに気を付けていればいい。

とはいえ、外食手段として考えると、自動販売機はなかなか孤独だ。だから、ちょっと使い方を考えたい。

まず、一人で買いに行くのではなく、「コロナポッド(corona pod)」を作ってからにしよう。「コロナポッド」とは、いま話題になっている小さな仲間のグループ。「コロナウイルスに感染していない、あるいは感染していてもそれが周りへ伝染らないよう、自分と同じようにこまめに気を付けている」人たちのことだ。

筆者は、いま住んでいる界隈にちょうどそういう信頼できる良い隣人がいるので、その彼らを誘うことにする。

ただ、いくら仲のいい友達とはいえ、ジュース、コーヒー、ビール、水などを売っている、ごく普通な自動販売機まで足を運ぶ企画には頭を縦に振ってくれないだろう。だから、行き先をひと味違う機械にしたほうがいい。

プロフィール

トニー・ラズロ

ベストセラーとなったコミックエッセイ『ダーリンは外国人』(小栗左多里&トニー・ラズロ、メディアファクトリー)の主人公。1960年、米ニュージャージー州生まれ。1985年から日本を拠点にジャーナリスト、講師として活動する。著書に『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』『英語にあきたら多言語を!――ポリグロットの真実』『手に持って、行こう――ダーリンの手仕事にっぽん』など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ボルボ・カー、IPOの仮条件設定 企業価値は最大2

ワールド

独、11月25日にコロナ緊急事態終了へ─保健相=新

ワールド

OPECプラス、目標再び未達成 一部が原油増産に苦

ワールド

米国防長官、中国の兵器開発注視 極超音速ミサイル実

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中