ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

前代未聞の米連邦議会「襲撃」

前代未聞の米連邦議会「襲撃」

トランプは大統領選の結果を認めず、煽られた支持者が議会議事堂へ乱入――アメリカの首都は騒乱に見舞われた

2021.01.08

米政治

米議事堂襲撃で殉職した「英雄」、広間に安置される

2021.02.15
大統領弾劾

トランプ弾劾裁判、弁護団が展開する8つのトンデモ反論

2021.02.09
陰謀論

侮れないQアノンとオウム真理教の不気味な類似性

2021.02.05
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

議会襲撃とBLM、2つのデモで米警察が見せたダブルスタンダード(パックン)

<事実無根の主張に煽られたトランプ支持の白人による議事堂乱入には手を貸し、不公平の是正を求めるBLMには厳戒態勢> 今月6日、(空想上の)選

2021.01.22
ソーシャルメディア

SNSは大統領を「検閲」していい

2021.01.18
アメリカ政治

議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

2021.01.18
CIAが視る世界 グレン・カール

トランプ後の共和党とQアノン、アメリカのファシズム的未来

<議事堂で「トランプ愛」を叫んだ暴徒に対し、警察の対応が弱腰だったのはなぜか。トランプが去っても「トランプ」は終わらない。変貌した共和党とQ

2021.01.18
米政治

「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

2021.01.15
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

<トランプ派の暴動は首都ワシントンだけでなく、全米各州の「差し迫った」危機となっている> 先週6日に発生した、米連邦議会の議事堂に暴徒が乱入

2021.01.14
ワシントン

【画像】厳戒ワシントンの治安を守る州兵が議事堂で雑魚寝!?

2021.01.14
トランプは終わらない

無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

2021.01.13
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

米議会に侵入「Q-Anonの祈祷師」とは何者か──トランプ支持をやめない日本人の罪

・アメリカの多くの心理学者はトランプ大統領に誇大妄想の特徴を見出している ・連邦議会に侵入し、これを占拠したデモ隊にも、その傾向がうかがえ

2021.01.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペンスを吊るせ)」のチャント

<トランプの職務停止や弾劾を求める声が高まるなか、ペンス副大統領の判断が注目されている> 先週6日に発生したトランプ支持者による連邦議会議事

2021.01.12
米議会占拠

【現地ルポ】民主主義の砦が汚された、アメリカの一番醜い日

2021.01.09
ソーシャルメディア

FBやツイッター がトランプ動画を削除しても、右派「検閲なし」SNSが大盛況

2021.01.08
アメリカ政治

米議会占拠は「アメリカの春」? アラブ諸国で広がる冷ややかな視線

2021.01.08
政権交代

米議事堂占拠事件はクーデター、トランプが大統領のうちは危機が続く

2021.01.07
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

<支持者の暴挙を数時間にわたって放置したトランプには、大統領職務を停止するべきという批判まで出ている> 今週6日水曜、米大統領選挙の結果を最

2021.01.07
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプの暴走はバイデン就任まで続くのか?

<ジョージア州・州務長官へのトランプの「恐喝」通話は、全米をあきれさせている> ジョー・バイデン次期米大統領の就任式が1月20日に迫っていま

2021.01.05
  • 1

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 7

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 8

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中