コラム

未婚女性やバーニングマン......決して一線は越えない「普通の人」たち

2020年03月13日(金)12時10分

From Dina Litovsky @dina_litovsky

<女性版バチェラー・パーティーで羽目を外す女性や、ネバダ州の砂漠地帯で行われる祭典に集う人々を撮るディナ・リトフスキー。インターアクション(交流)を写真に収め、女性のアイデンティティを探求しようとしている>

今回紹介するInstagramフォトグラファーは、ウクライナで生まれ、ローティーンの時にニューヨークに移り住んだディナ・リトフスキーだ。41歳の女性写真家である。

写真家として歩み出したのは、かなり遅い。ニューヨーク大学での専攻は心理学だった。だが、当初夢を抱いていた精神科医は自分に合わないと、卒業後、写真に興味を持ち始める。その後、数年を経てからニューヨークの芸術大学、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(修士課程)に入学し、写真を本格的に修めた。

ドキュメンタリー写真家である。作品のモチーフは、ほぼ常に一貫している。それがパブリックなものであろうがプライベートなものであろうが、人々のさまざまなインターアクション(交流)の中で行われる社会的なパフォーマンスだ。とりわけ、サブカルチャー・シーンに興味があるという。

そうしたものを通して、しばしば強烈なフラッシュを多用し、被写体とそのシーンを自身のスタイルでさらに誇張しながら、社会心理学的に探求しているのである。

それは、リトフスキーが大学時代に学ぼうとしていたものと基本的に同じかもしれないが、写真を撮ることは、彼女自身が興味を抱いていた世界へより早く通じることになり、より物事の核に迫ることができるのだという。

リトフスキーの長期プロジェクト「Bachelorette(バチェロレット:未婚女性)」は、彼女の写真家としてのアイデンティティを代表するシリーズの1つだろう。結婚を間近に控える女性たちの宴を通して、現代の女性たちの行動、心理を切り取ったものである。

ただ、現代社会が、とりわけ男性社会が今もイメージする典型的な女性像ではない。男性のバチェラー・パーティーのそれに近い。結婚で今後オープンな自由恋愛ができなくなるという現実を踏まえ、酒にどっぷり酔い、SMパフォーマンスやセックストイなどを取り入れたりして、思いっきり羽目を外しいるのだ。

一見、特別な人の特殊なパーティーに思えるが、ここ10年ほど、アメリカの至るところでお目にかかれるようになってきた光景である。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、米で電池生産に3800億円投資 新工場20

ワールド

韓国、温室効果ガスを2030年までに18年比で40

ワールド

子供の不品行で親を処罰、中国全人代が法案審議へ

ワールド

中国、極超音速ミサイル実験の報道を否定 「宇宙船の

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中