コラム

ロシアW杯を見なかったカタルーニャ人が抱くW杯出場の夢

2018年08月30日(木)18時30分

Photograph by Toru Morimoto

<バルサに熱狂するサッカー好きのカタルーニャ人は、なぜワールドカップを見なかったのか>

「ゴール、ゴル、ゴル、ゴル、ゴール!!」

テレビやラジオからの雄叫びが響く。8月中旬、スペイン国内サッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラが開幕した。

メッシ率いる昨シーズンの優勝チームFCバルセロナ(通称バルサ)がいきなり2連勝し、盛り上がりを見せるバルセロナ。リーガが終わる来年5月まで、カタルーニャの首都バルセロナではバルサの試合が最大の人気エンターテインメントとなる。

ところで、日本が湧いたロシア・ワールドカップ(W杯)は、カタルーニャでは盛り上がらず、あっけなく過ぎ去った。

決勝トーナメントは6月30日から始まったが、7月の視聴率調査によると、スペイン全土では7月に最も視聴された番組トップ20は全てW杯の試合だったが、カタルーニャだけで見ると、最も視聴された番組トップ20のうち12番組がカタルーニャテレビ局の番組、つまりW杯以外の番組だった。カタルーニャでは、W杯に対する関心がスペインに比べてとても低いことが分かる。

とはいえ、カタルーニャでもW杯を見ないわけではなく、放送された試合のうち上位の視聴率を記録した番組もある。W杯をテレビ観戦した人たちを大きく分けると3つのグループに分けられるようだ。

①スペインを応援する人
②スペインに負けてほしいアンチ・スペインの人
③自国(出身国)を応援する移民とツーリスト

これらの人々の関心が重なりあう試合のみが、視聴率がグッと伸びる。

①と②が重なった例:
スペインがベスト8進出をかけた決勝トーナメント1回戦の対ロシア戦(7月1日)。結果はPKでスペイン敗退。スペインではもちろん、カタルーニャでも、7月に最も視聴された番組となった。

①と③が重なった例:
1次リーグのスペイン対モロッコ戦(6月25日)。カタルーニャのモロッコ系移民は20万人以上で、出身国ごとの移民人口では桁違いで最も多く、全移民の約20%をモロッコ系が占める。カタルーニャで6月に最も視聴された番組。

ちなみに、世界中が1次リーグの中で最も楽しみな試合に選んでいたスペイン対ポルトガル戦(6月15日)は、スペインの第1戦であり、金曜の夜20時のプライムタイムだったにもかかわらず、カタルーニャでの6月視聴率番組トップ10にも入っていない。

カタルーニャでバルまで行ってW杯のテレビ放送にかじりついているのは、自国が出場している海外からの移民かツーリストがほとんどだ。

私がカタルーニャに移住して初めてのW杯であった2006年ドイツ大会のときは、日本対ブラジル戦を近所のバルで地元の人たちと観戦しようと足を運んだが、客はまばらだった。そのため、たまたま居合わせたサムライ・ブルーのユニフォームを着込んだ日本人ツーリスト2人と、人気のないテレビの最前列席で一緒に観戦することに。リーガではいつも大盛況のバルなのに、そのとき盛り上がっていたのは私たちだけだった。

結局、多くのカタルーニャの人にとっては、いつのW杯も「自国代表」が出場していないのだ。日本代表がピッチにいないW杯は、日本でも盛り上がらないだろう。それと同じなのだ。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、9月は製造業0.7%低下 自動車生産

ワールド

パウエル元米国務長官死去、湾岸戦争指揮 84歳

ビジネス

トヨタ、米で電池生産に3800億円投資 新工場20

ワールド

韓国、温室効果ガスを2030年までに18年比で40

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中