コラム

オリラジ藤森「コミュ力モンスター」の面目躍如

2021年03月05日(金)20時00分

HISAKO KAWASAKIーNEWSWEEK JAPAN

<本書はコミュ力を高めるとどこまでいけるのかという問いを、藤森慎吾という1人のお笑い芸人を通して考えることができる稀有な一冊である。そして、彼が教えてくれるのは「人に頼ることがもっと大事」ということだ>

今回のダメ本

ishido^web210305.jpgPRIDELESS(プライドレス)受け入れるが正解
藤森慎吾[著]
徳間書店
(2021年1月)

コミュニケーション能力という言葉がある。就職活動中に、やたらと聞かされて辟易したという人も多いだろう。学生に求めたい力は「コミュニケーション能力」と企業の人事担当者は言うのだけど、具体的に何を指すのかがまったく分からないとみんな思っていたらしく、ついには「コミュ力」と揶揄されるような略称が定着した。

本書はコミュ力を高めるとどこまでいけるのかという問いを、藤森慎吾という1人のお笑い芸人を通して考えることができる稀有な一冊である。私は、藤森こそ最強の「コミュ力モンスター」だと思うに至った。一世を風靡したチャラ男キャラは彼の地の部分をカリカチュアしたものだ。その本質は付いていくべき先輩たちを見極め、彼らの話を素直に聞き、相手を肯定して、場を盛り上げることにある。

今や芸人ユーチューバーの先駆け的存在になった中田敦彦とのコンビ、オリエンタルラジオが一時売れなくなったときのエピソードが象徴的だ。藤森は吉本興業の先輩芸人たちと飲みに行き、関係を深めていった。そこから得られた教訓は誰彼かまわず仲良くなっていくのではなく、ウマの合う人たちと仲良くなろうとか、スマホにネタのメモを作るといった努力を一応はできる限りやるが、それだけでは限界があるので人に頼ることがもっと大事だというものだ。

「ぼくはちっぽけな自分のプライドなんて捨てて、ひとに頼って生きてきた」「メモにはプラスのことしか書かないと決めている」

何かを実現したいという理想も抱かず、悪口も言わない。夢を聞かれれば「いつかは大河ドラマに出たい」と漠然としたことを言う。YouTubeやオンラインサロンを始めてみるなど中田のまね事も欠かさない。周囲の和は決して乱さない。これぞコミュ力である。彼にとって、相手を否定しないことは、キラキラした中田の横にいた自分の存在を肯定することだ。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)が読売新聞「2017年の3冊」に選出される。2019年より東京大学非常勤講師。本誌の特集「百田尚樹現象」で、2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を受賞。新著に『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館、2020年6月)。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中