遠藤誉

Endo_Tahara_book2.jpg
中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士
1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。中国問題グローバル研究所所長。筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に『激突!遠藤vs田原 日中と習近平国賓』(遠藤誉・田原総一朗)、『米中貿易戦争の裏側 東アジアの地殻変動を読み解く』、『「中国製造2025」の衝撃 習近平はいま何を目論んでいるのか』、『毛沢東 日本軍と共謀した男』、『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』、『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』、『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』、『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』『中国がシリコンバレーとつながるとき』など多数。

中国

習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

2020.07.07
中国

北京コロナ第二波はなぜ起きたのか?

2020.06.17
米暴動

トランプの対米デモ「武力鎮圧」発言に習近平「高笑い」

2020.06.04
中国

全人代「香港国家安全法案」は米中激突を加速させる

2020.05.25
中国

米中どちらに軍配?WHO総会で習近平スピーチ、トランプ警告書簡

2020.05.22
中国

中国は早くから新型コロナウイルスを知っていたのか?2019年9月26日の「湖北日報」を読み解く

2020.05.17
中国

習近平、トランプにひれ伏したか?徴収した報復関税の返還命令

2020.05.15
中国

感染者急増するロシアはコロナ対中包囲網にどう対応するか──モスクワ便り

2020.05.15
中国

米中激突:ウイルス発生源「武漢研究所説」めぐり

2020.05.08
中国

ローテク日本が休校・休業コロナ対策を困難に

2020.05.05
中国

全人代開幕日決定から何が見えるか?

2020.05.02
中国

休業補償、中国の場合

2020.05.01
感染症対策

軽症者自宅待機の危険性、アメリカ医師会論文が警鐘

2020.04.24
中国

コロナ対応医療関係者への給料3倍:中国は2003年から法制化

2020.04.22
中国

トランプ「WHO拠出金停止」、習近平「高笑い」――アフターコロナの世界新秩序を狙う中国

2020.04.19
中国

ウイルス発生源、欧米学者が突然変異説:武漢発生源という証拠なし?

2020.04.16
中国

中国、コロナ感染第二波を警戒

2020.04.14
中国

猫のコロナ感染率は15%――「人→猫」「猫→人」感染は?

2020.04.12
新型コロナウイルス

日本におけるPCR検査の拒否状況

2020.04.09
中国

緊急事態宣言と医療崩壊の日中比較:日本を救う道はまだあるのか?

2020.04.06

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月