注目のキーワード

裁判

ニューズウィーク日本版『裁判』に関する記事一覧

うちの愛犬に噛まれたと言い張る女性を「撃退」した「犬の精神科医」
ペット

うちの愛犬に噛まれたと言い張る女性を「撃退」した「犬の精神科医」

<何日も経ってから「かまれた」と言い掛かりをつけ始めた彼女に対し、犬の無実を裁判で証明する方法はほか...

2022.05.20
デップの元妻は「演技性パーソナリティ障害」と専門家
ジョニー・デップ

デップの元妻は「演技性パーソナリティ障害」と専門家

<注目を浴びようとして嘘をつき悲劇のヒロインを演じる──アンバー・ハードにはそんな異常性が見られると...

2022.04.28
        
同性婚訴訟と「生物学的な自然生殖可能性」
その言葉への違和感 望月優大

同性婚訴訟と「生物学的な自然生殖可能性」

<結婚したら子供をつくれとか、子供をつくるなら結婚しろとか、そんなことを他人からとやかく言われる筋合...

2022.02.23
        
離婚するのは本当に難しいから結婚は慎重に...中国「離婚クーリングオフ制度」導入から1年
for WOMAN

離婚するのは本当に難しいから結婚は慎重に...中国「離婚クーリングオフ制度」導入から1年

離婚率の上昇に歯止めが効かない中国で、離婚を求める夫婦に、手続きが完了するまでに30日間待つこと...

2022.02.19
シリコンバレーの「血管詐欺」セラノス創業者がついに
詐欺事件

シリコンバレーの「血管詐欺」セラノス創業者がついに

数滴の血液から疾患の有無を調べるビジネスを成功させたエリザベス・ホームズが、詐欺罪などで有罪評決を受...

2022.01.17
今も闇に包まれた「マルコムX」暗殺事件...専門家が語る「疑惑」と「再捜査」
歴史

今も闇に包まれた「マルコムX」暗殺事件...専門家が語る「疑惑」と「再捜査」

<1965年の射殺事件で服役した男性2人の有罪が、昨年11月になって取り消しに。それでも残る数々の疑...

2022.01.13
        
BLMデモ参加者を射殺した白人男性が「無罪」になるアメリカに思うこと(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

BLMデモ参加者を射殺した白人男性が「無罪」になるアメリカに思うこと(パックン)

<白人男性カイル・リッテンハウスは裁判で正当防衛が認められた。常に命の危険にさらされている黒人男性と...

2021.12.07
デモ参加者射殺の18歳「無罪評決」でアメリカの分断がさらに広がる
米社会

デモ参加者射殺の18歳「無罪評決」でアメリカの分断がさらに広がる

<人種差別抗議デモに発砲し、3人を死傷させたカイル・リッテンハウスは評決で「極右の寵児」に。喜ぶ右派...

2021.11.29
        
「#ブリトニーを解放せよ」ファンたちの願いが届いた「勝訴」判決
for WOMAN

「#ブリトニーを解放せよ」ファンたちの願いが届いた「勝訴」判決

<2008年から成年後見人の管理下にあるブリトニー・スピアーズだが、裁判によって父親が成年後見人から...

2021.10.12
        
なぜ日本はオウム裁判を録画しなかった? フランス人が感じる不思議
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

なぜ日本はオウム裁判を録画しなかった? フランス人が感じる不思議

<フランスでは2015年パリ同時多発テロの裁判が始まったが、多数の傍聴者を収容できる法廷が新設され、...

2021.09.22

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice