最新記事

日本企業

このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「おいしくて安い」理由

2021年10月18日(月)10時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
シャトレーゼのアイス「チョコバッキー」

シャトレーゼで人気ナンバーワンのアイス「チョコバッキー」。発売3年で累計1億本を突破した看板商品で、1本なんと税込64円(『シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか』117ページより)

<広告宣伝には一切お金をかけていないのに、全国的な人気を誇る山梨県のお菓子メーカー、シャトレーゼ。その快進撃には秘密と「こだわり」があった>

ツイッターで今、話題になっているのが「#シャトレーゼ1000円チャレンジ」だ。

1000円の予算でシャトレーゼのお菓子をチョイスして購入、それをツイッターで公開するというもの。それがシャトレーゼである理由は、単価が安いからだ。1000円でも、驚くほど多くのお菓子が買える。

しかも、添加物を極力抑えて作られている上に、おいしいという評判である。なぜ、そんなお菓子が作れるのか?

シャトレーゼは、山梨県甲府市に本拠を置くお菓子メーカー。広告宣伝にはお金をかけておらず、テレビCMや新聞広告を打ったことはないが、全国的にも人気がある。

冒頭写真の「チョコバッキー」のほか、「無添加 契約農場たまごのプリン」「ダブルシュークリーム」「スペシャル苺ショート」など、食べたことがある人も多いのではないだろうか。

広告宣伝費がほとんどないのは、それによりお菓子の価格が上がり、消費者に負担をかけたくないから。それにもかかわらず、シャトレーゼは10期連続で売り上げが増加している。

このシャトレーゼホールディングス代表取締役会長の齊藤寛氏は、その秘密を初の著書『シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか』(CCCメディアハウス)でこう明かす。


「お客様はいま、何を望んでいるのか」を考えながら、一つひとつ実現させ、積み上げてきた結果です。特別な魔法を使ったわけではないのです。
――『シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか』2~3ページ

とはいえ、魔法はなくとも、何かがあるはず――。齊藤氏に加え、同社幹部が「勝ち続ける独自戦略」を詳細に記した本書から、経営の根幹にあるものを見てみよう。

経営の根幹「三喜経営」とは何か

1954年、シャトレーゼはたった4坪の焼き菓子店「甘太郎」から始まった。齊藤氏が20歳の時である。当時から、「お客様の目線で考える」「他人ができないと思うことにあえて挑戦する」姿勢を心がけてきたという。

chateraisebook20211015-2.jpg

三喜経営に徹しよう/一、お客様に喜ばれる経営/一、お取引先様に喜ばれる経営/一、社員に喜ばれる経営(『シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか』31ページより)

1967年、齊藤氏は社名をシャトレーゼに変更するとともに、この社是を定め、経営の根幹に据えた。この3つの喜びがあってこそ経営が成り立つと考えたのだ。

まず大切なのは、「お客様の目線」で考えること。おいしいのはもちろん、安心・安全であることが欠かせない。

取引先である生産者や小売店が儲かることも必要だ。シャトレーゼは、FC(フランチャイズ・チェーン)にもかかわらず、加盟店からロイヤリティを取らない。FCオーナーはのれん分けしたパートナーだと考えているのだ。

また、業績目標が達成した年は、社員に利益の1割を決算賞与として配分している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国軍、台湾海峡で「戦闘準備パトロール」 米議員団

ビジネス

米経済に勢い、緩和縮小加速に前向き=アトランタ連銀

ビジネス

焦点:米テック企業に広がる労組結成の波、経営陣は対

ワールド

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 10

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月