コラム

UAEはイスラエルから民主化弾圧のアプリ導入【イスラエル・UAE和平を読む(後編)】

2020年09月22日(火)07時40分

2012年6月、エジプトでムスリム同胞団出身のムルシ大統領が選挙で選ばれ、中東全域で同胞団の台頭が顕著になってくると、UAE政府は同年3月から12月にかけて請願書の参加者を含む94人を国内にある同胞団系の市民組織「イスラーハ(改革)」のメンバーとして逮捕した。

翌年始まった裁判では、「国外と連絡をとり、国家転覆を謀った」として、56人に3年から10年の禁固刑、8人に被告不在のまま禁固15年を言い渡した。

この判決について、国際的人権組織「ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)」は「明らかに強制された自白以外は、判決からは平和的な政治改革を通して社会的な公正を求める政治運動としか読み取れない。判決は市民に対して自由な考えに基づく政治的な議論や政府への批判は反逆行為であるとするもので、刑務所に行きたくなければ沈黙するしかないことになる」と、政治弾圧として批判している。

2013年、エジプトでクーデターによりムルシ大統領を排除した軍を、UAEはサウジアラビアとともに支援した。

さらに国連が認めるリビア国民政府に対して、UAEはエジプトとともに、西部で影響力を持つ元リビア軍将軍ハフタル司令官が率いる軍事組織を支援し、国民政府の拠点を空爆したという報告もある。国民政府にリビアのムスリム同胞団組織が参加しているためと見られている。

イスラエルからスパイウエアを購入したUAEの狙い

ここで本題のイスラエルとの和平に戻ると、UAEは民主化抑圧の手段として、イスラエルの企業から携帯電話に侵入して情報を盗むスパイウエアの技術を購入して、政府に批判的な人物を監視していたとされる。

米紙ニューヨーク・タイムズが2019年3月に掲載した調査報道によると、UAEが導入したスパイウエアの中には、イスラエルの情報関連企業NSO社が開発した「ペガサス」というソフトがある。UAEは2013年にNSO社と契約し、国内の治安維持のためにペガサスを導入し、市民の監視を始めたという。

UAEのスパイウエアを使った言論弾圧で、国際的に強い批判を浴びているのは、2017年に行われた、国際的に著名な人権活動家のアフマド・マンスール氏の逮捕である。

マンスール氏は2011年の請願書に参加し、8か月間拘束されたが、2017年には「UAEと、国の指導者を含む国の象徴の地位と名誉を侮辱した」という罪で、禁固10年の判決を受け、現在も服役している。

UAEはペガサスをマンスール氏の携帯電話に仕込んで情報を盗み、監視していたことが、マンスール氏が連絡をとっていたカナダの人権組織の調べで指摘され、ニューヨーク・タイムズなどが調査報道で取り上げた。ペガサスがマンスール氏に対して使われた後も、NSO社はUAEにスパイウエアを売り続けたことを示す領収書などの証拠があるという。

【関連記事】シリア「虐殺された町」の市民ジャーナリストたち

プロフィール

川上泰徳

中東ジャーナリスト。フリーランスとして中東を拠点に活動。1956年生まれ。元朝日新聞記者。大阪外国語大学アラビア語科卒。特派員としてカイロ、エルサレム、バグダッドに駐在。中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『中東の現場を歩く』(合同出版)、『イラク零年』(朝日新聞)、『イスラムを生きる人びと』(岩波書店)、共著『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか』(集英社新書)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない』(集英社新書)。最新刊は『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』
ツイッターは @kawakami_yasu

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

タイで初のオミクロン株感染疑い例、米国籍の男性

ワールド

米、個人に制裁発動へ 民主サミットに合わせ腐敗や人

ビジネス

市場の金融緩和観測、過度に「短絡的」=中国政府系新

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者2億6

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中