コラム

疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

今も気に入らない女性はなぶり殺し...「タリバンは変わった」の大間違い

<女性の人権の尊重などソフト路線をアピールするタリバンだが、アフガン人にとっては彼らの二枚舌は常識だ> 8月にアフガニスタンの首都カブールを

2021.09.21
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

菅政権の「やっているふり中東外交」では、日本の国益を守れない

<中東を歴訪してイランの新大統領とも会談した茂木外相だが、現実を直視できなければ利益を得ることなどできない> 8月15日からの中東7カ国・地

2021.08.26
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

日本人が見誤る、「親日国」イランの危険すぎる実態

<「死の委員会」の一員とされるライシが次期大統領となるイランは、アラブ諸国も警戒するイスラム神権国家だ。見慣れた「解説」に惑わされてはならな

2021.07.28
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

日本のリベラルメディアは和平が嫌い? 中東の新時代を認めたくない理由

<イスラエルとUAEは確実に和平と多様性への道を進んでいる。だが、日本のリベラルメディアはなぜかそれを頑なに認めたがらない> イスラエルのラ

2021.07.21
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

国連の救済機関がテロを扇動している? 日本で報じられない闇とは

<国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)には日本の税金も使われているが、数々の疑惑は知られていない> 日本政府は6月、「イスラエルとパ

2021.06.23
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

サウジアラビアでイスラム教の在り方が大きく変化...日本人が見過ごす実態

<近年、世界で最も大きく変化している国、サウジで起きていることを知らねば中東の正しい理解はできない> サウジアラビアはここ数年、世界の中でも

2021.05.27
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

「イスラム国」が強大化するモザンビーク、見て見ぬふりをする日仏エネルギー企業の罪

<「イスラム国」系の武装勢力が町を焼き払い、住民を斬首。大手企業は同国の資源だけでなく危機にも目を向けよ> 「まるでダンケルクの戦いのようだ

2021.04.21
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

教皇イラク訪問を誤読する朝日新聞の怠慢と不見識

<教皇はイラクのキリスト教徒に希望を与えるために、あえて危険な旅に出たのだ> 3月初め、ローマ教皇フランシスコはカトリック教会トップとして初

2021.03.25
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

外交特権やイスラム文化施設まで利用する、知られざるイランの対外秘密工作

<イランを伝統的な親日国とみなしてきた日本の政策は再考するべき局面に差し掛かっている> ベルギーの裁判所は2月、オーストリアの首都ウィーンに

2021.02.27
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

ウイグル弾圧の影がちらつく中国の「ワクチン外交」

<ワクチンという新たな外交上の「武器」を手にした中国が、他国に圧力をかける手段としてこれを利用しない保証はない> 新型コロナウイルスのワクチ

2021.02.06
第1回コラム『「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識』

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの「隠れたリスク」

  • 4

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    「明治維新は薩長によるテロ」 『青天を衝け』で維新…

  • 9

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 10

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる日

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 6

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 7

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中