コラム

疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

サウジアラビアでイスラム教の在り方が大きく変化...日本人が見過ごす実態

<近年、世界で最も大きく変化している国、サウジで起きていることを知らねば中東の正しい理解はできない> サウジアラビアはここ数年、世界の中でも

2021.05.27
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

「イスラム国」が強大化するモザンビーク、見て見ぬふりをする日仏エネルギー企業の罪

<「イスラム国」系の武装勢力が町を焼き払い、住民を斬首。大手企業は同国の資源だけでなく危機にも目を向けよ> 「まるでダンケルクの戦いのようだ

2021.04.21
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

教皇イラク訪問を誤読する朝日新聞の怠慢と不見識

<教皇はイラクのキリスト教徒に希望を与えるために、あえて危険な旅に出たのだ> 3月初め、ローマ教皇フランシスコはカトリック教会トップとして初

2021.03.25
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

外交特権やイスラム文化施設まで利用する、知られざるイランの対外秘密工作

<イランを伝統的な親日国とみなしてきた日本の政策は再考するべき局面に差し掛かっている> ベルギーの裁判所は2月、オーストリアの首都ウィーンに

2021.02.27
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

ウイグル弾圧の影がちらつく中国の「ワクチン外交」

<ワクチンという新たな外交上の「武器」を手にした中国が、他国に圧力をかける手段としてこれを利用しない保証はない> 新型コロナウイルスのワクチ

2021.02.06
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

日本もひとごとではないイスラム教徒の土葬問題

<スリランカの人口の約1割は土葬を原則とするイスラム教徒だが、政府はコロナ死者に火葬を義務付けた。WHOはどちらでも構わないとしており、パン

2020.12.24
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

バイデン勝利で中東諸国が警戒する「第2のアラブの春」

<アラブ諸国では今も「アラブの春」による混乱を引き起こしたのは当時のオバマ政権だという見方が根強い> 米大統領選が近づくにつれ、アラブ諸国で

2020.11.26
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

イスラム分離主義と戦うマクロンは「極右」でも「植民地主義者」でもない

<新法案で過激派によるテロ問題解決を目指し、同時に「イスラム教徒の孤立を許したのはわれわれであり、イスラム教徒を責めてはならない」と強調する

2020.10.28
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

パキスタンが非イスラム教徒に不寛容な理由

<イスラム教の教義に準じるパキスタンの刑法では、預言者ムハンマドに対する冒瀆で有罪となった場合には死刑となる。そこには2つの大きな問題点が>

2020.09.30
疾風怒濤のイスラム世界 飯山 陽

1ドル札がテロリストの証拠......反体制派の摘発に躍起になるトルコの暴走

<政府が反体制派と見なす人物を恣意的に拘束するためにテロ容疑が乱用されているトルコ。あるアメリカ市民は持っていた1ドル札を理由に突然逮捕され

2020.09.04
第1回コラム『「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識』

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中