コラム

エヴァと私の26年

2021年04月14日(水)19時00分

1997年におけるエヴァ熱は、未完で終わったテレビ版が劇場で完結することを期待してその勢い最高潮に達し、特にすさまじいものであった。東京都三鷹市の水道局が節水を呼び掛けるポスターにエヴァの綾波レイを起用したところ、三鷹市の公共掲示板からポスターが窃盗され、闇で10万円の値がついた。すわ官憲が出動する騒ぎとなったほどである。

また月刊コミックエース(角川書店)でキャラクターデザインの貞本義行氏による漫画版が連載されているさなか、読者応募で2種類のキャラクターテレカ(500円の限定テレホンカード)が出されたが、これには1枚2万円の値が付いた。これはまるで「蘭奢待」と同じような価値を持ち、保有している者は神様扱いされたほどである。

さて1997年3月15日、旧劇場版の第一作「シト新生」が公開されたとき、私は中学3年であった。日本の北端に生まれ育った私は、当然のこと札幌市内の劇場に向かう訳であったが、当時人口約170万人の同市であっても、公開館はわずかに2館のみであったと記憶している(その後、順次拡大されたと思われる)。白河の関以北の大繁華街、ススキノは縦横無尽にネオンが煌めいていたが、その辺境にあって最大級の席数を誇った映画館が「札幌東宝公楽(以下、東宝公楽)」であった。当時の中学は完全週休二日制ではなく、隔週休みとなっており、公開日の3月15日は土曜日で授業があり映画館に行けなかった。

氷点下の路上に並ぶ

その替わり私は学友3名らと、まだ路面に残雪ある道路を必死で自転車をこぎ、同3月15日の夜11時ごろに東宝公楽に前進した。つまり公開二日目(3月16日)の朝一番の上映回を観るためであったが、ススキノの辺境は騒然としていた。夜目にも黒々と見える人だかりが、すでに劇場の前に列を作っていたのである。当時、映画館は完全入れ替え制ではなくネット予約も存在しなかったため、朝一番で鑑賞するには物理的に列に並ぶしかなかったのからである。先頭から数えたところ我々の順番は約120番目程度と出た。どうやら第一回目の上映には入り込めた。結局、朝一番の上映まで10時間以上、氷点下に近い路上で並んだ。

驚いたことに、列の先頭の連中は歩道に急増の野営地を作り、携帯ガスコンロで鍋焼きうどんなどを啜って暖を取っているのだ。そのガスコンロの赤々と燃える炎が、漆黒のススキノの中で一点、異様に際立ち瞬いていた光景を今でも忘れることが出来ない。現在では信じられないかもしれないが、エヴァ熱が最高潮に達していた当時、地方都市の公開第二日目であってもこのような状況であった。このようなときにチームプレイは役に立つ。私と学友ら4名は交代でコンビニに糧秣を買いに行き、すわ特需となったコンビニではカップ麺の売り切れが続出する程の事態であった。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

ニュース速報

ワールド

石油大手、メキシコ湾の施設から作業員退避 熱帯低気

ビジネス

バイオジェン・エーザイのアルツハイマー新薬、米病院

ワールド

太平洋島しょ国の海底ケーブル計画、中国企業参加に米

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億7

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中