コラム

「バイデンが井戸に毒を入れた」は、なぜ差別扇動投稿なのか

2021年02月17日(水)12時50分

関東大震災の朝鮮人虐殺は、時間も場所も隔たりがある、無数の歴史的事件のうちのひとつではない。社会主義者や朝鮮人と誤認された人々を含め6000人が虐殺されたこの事件は、我々の現在と直結する、いまだ風化させるわけにはいかない戒めのひとつなのだ。

もし、我々の社会が、このジェノサイドについて深く反省し、それを社会の中に深く刻み込み、民族差別に反対する実績を積んでいたとするなら、100歩譲ってそれはアイロニーとして消費することもできるだろう。しかし、現実はそうではない。

関東大震災におけるジェノサイドを否定する歴史修正主義

近年の日本では、歴史的事実を歪め、負の歴史を否定する歴史修正主義が猛威を振るっている。日本軍「慰安婦」問題については、日本政府、大手メディア、一般市民と国家総出で「性奴隷制」否定論を支持する始末である。

そして関東大震災における朝鮮人ジェノサイドもまた、10年ほど前から歴史修正主義者のターゲットとなりつつある。2009年に出たある歴史修正本(少しでも宣伝をしたくないので書名は伏せるが)は、自警団や官憲の行為を正当化し、殺された人数を矮小化していくのは従来のやり口だが、まさに「井戸に毒」を含め、当時のメディアで流れていた流言飛語を事実としてしまっているのが特徴的であり、恐ろしいところでもある。

2016年に東京都知事となった小池百合子は、歴代都知事が続けてきた毎年9月1日に行われる朝鮮人虐殺の犠牲者に対する追悼文の送付を2017年以降停止している。小池百合子は日本会議所属の歴史修正主義者として知られており、「大日本帝国憲法復活」の請願を東京都議会に提出したこともある野田数(現東京水道社長)を長年の腹心としている。

「井戸に毒」のネタ化は差別扇動である

このように我々は、我々の社会がかつて行ってしまった民族ジェノサイドに対してどのように向き合うのかについて改めて問われている。こうした状況のもとで、「井戸に毒」をネタとして消費してしまうことは、ジェノサイドという事象の軽視であり、それは論理必然的に差別扇動となるのだ。

たとえば、あるドイツ人が「バイデンはアウシュヴィッツ送りだ」と発言したとすれば、それはバイデンに対する攻撃的発話であるのみならず、ホロコーストという歴史的事実に対する発話者の態度も問題になり、反ユダヤ主義を疑われることになるだろう。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと) 北海道生まれ。東京大学大学院単位取得退学。埼玉工業大学非常勤講師。専門はドイツ思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。Twitter ID:@hokusyu82 『ハーバー・ビジネス・オンライン』でも連載中で、人文知に基づいた時事評論や映画・アニメ批評まで幅広く執筆

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに3058人のコロナ感染者 日曜では過

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中