モーゲンスタン陽子

Yoko Morgenstern: 作家・翻訳家・ジャーナリスト。東京都出身。筑波大卒。1998年以降おもにカナダとドイツで暮らす。カナダでジャーナリズムのディプロマ、ドイツでアメリカ研究M.A.を取得。英語圏の文芸誌や雑誌、またグローブ・アンド・メール紙などにて短編小説やエッセイを発表。著書にDouble Exile (Red Giant Books, アメリカ)、『英語の雑談力があがるちょっとしたフレーズ』(幻冬舎)、訳書に『北斎と応為』(ゴヴィエ著、彩流社)など。2019年、未刊行短編集A Perfect Day to DieがギリシャのEyelands International Book Awardsのファイナリストとなる。

ドイツ

「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹底の秘策とは? 

2020.07.06
暴動

ドイツに暴動の伝播 政治的動機のない若者が商店が破壊、警察を襲う

2020.06.23
人種差別抗議デモ

ドイツではなぜこれまで人種差別が語られてこなかったのか BLM運動は自国の問題

2020.06.17
栄養代謝

納豆が感染後の悪化を防ぐ可能性 新型コロナ

2020.06.11
ドイツ

ドイツ人 マスク嫌いすぎで小売業がピンチ 

2020.06.09
サイバー攻撃

メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアのサイバー攻撃にEUが制裁

2020.06.05
人種問題

「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリンで起きた共感のデモ

2020.06.04
コロナ禍の世界

米独で集団感染が続く食肉加工工場 肉食を見直すべきとの声も

2020.05.25
ドイツ

規制緩和のドイツ、東欧からの労働者が働く食肉工場でクラスター相次ぐ

2020.05.20
コロナデモ

ドイツで抗議デモ急増、陰謀論者と反ワクチン主義者が警察とジャーナリストを攻撃

2020.05.15
感染症

ベルギーの死亡率が世界一高いといわれる理由、ポルトガルが低い理由......

2020.04.28
ドイツ

ロックダウンで困窮のドイツ動物園、一部の動物を殺処分し、餌にする可能性......

2020.04.17
農産物

パンデミックの次は食糧危機の懸念──国境封鎖と食品サプライチェーン崩壊で

2020.04.14
新型コロナウイルス

在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

2020.04.07
ドイツ

ドイツの研究者、「免疫パスポート」発行を提案 素早い職場復帰を可能に

2020.04.06
感染症対策

日本と同じ?違う? ロックダウンしていないスウェーデンの場合

2020.04.03
ドイツ

メルケル首相のスピーチは世界から賞賛されたが、州財務相が自殺するなど混乱も続く

2020.04.01
ドイツ

ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

2020.03.30
ドイツ

ドイツ保健省、最悪の場合ロックダウン2年の可能性も

2020.03.18
パニック買い

豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスーパーは個数制限で買い占め防止

2020.03.10

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月