広岡裕児

1954年、川崎市生まれ。大阪外国語大学フランス語科卒。パリ第三大学(ソルボンヌ・ヌーベル)留学後、フランス在住。フリージャーナリストおよびシンクタンクの一員として、パリ郊外の自治体プロジェクトをはじめ、さまざまな業務・研究報告・通訳・翻訳に携わる。代表作に『EU騒乱―テロと右傾化の次に来るもの』(新潮選書)、『エコノミストには絶対分からないEU危機』(文藝春秋社)、『皇族』(中央公論新社)他。

初等教育

新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書けない

2019.09.20
フランス

フランスの航空運賃課税は、暴動を防ぐマクロンの苦肉の策

2019.07.12
欧州

EUトップ人事の舞台裏で欧州リーダーの実力を見せたマクロン

2019.07.09
欧州

ブレグジットを先延ばしにする、イギリスのわがまま三昧

2019.06.04
即位

昭和から令和へ「象徴天皇」を理解するキーワード

2019.05.01
譲位

天皇退位の顛末にみる日本の旧思想

2019.04.30
フランス

ノートルダム大聖堂はなぜフランスの象徴か

2019.04.22
元号

元号は天皇が決めるべきだ

2019.04.05
欧州

習近平訪仏でわかった欧州の対中争奪戦

2019.04.04
フランス

日本とフランスの狭間に落ちたゴーンとJOC竹田会長の座標

2019.01.21
フランス

株主総会を無視したゴーン「ルノー高額報酬」事件

2018.12.05
王室

ベルギー王室、ダブル不倫と隠し子認知問題に揺れる

2018.11.09
旧植民地

仏領ニューカレドニアの差別と血に濡れた独立運動

2018.11.08
スポーツ文化

フランス人はなぜゴルフが好きになれないか

2018.10.02
労働力

ヨーロッパによみがえった奴隷貿易

2018.08.20
不法移民

困っている難民や移民に手をさしのべるのは罪?──仏憲法評議会が判断

2018.07.09
フランス事情

子供を助けた不法滞在者が市民権を得た「美談」と背中合わせの複雑な難民事情

2018.06.05
フランス

フランスで怒りの追悼行進──救急車に来てもらえず女性が死亡、医療体制劣化が原因か

2018.05.22
欧州

仏メーデー行進で大暴れした新左翼集団「ブラック・ブロック」とは何者か

2018.05.08
フランス

フランスの学生が大学を占拠してまで「成績による選別」に反対する理由

2018.05.02
  • 1

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 6

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 10

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月