コラム

人々はレガシーシステムからの「分散ドロップアウト」を望んでいる

2021年08月24日(火)18時20分

「消費することはあなたを消費する」と主張する反消費主義のスプレー・アート。Photo by Edgar Fabiano

<終わりなき成長に基づく資本主義への絶え間ない叫びは、ますます現実を直視するようになっている...... >

フェイスブックとVR

フェイスブックの創業者兼CEOであるマーク・ザッカーバーグは、2016年から創設されたベルリンのアクセル・シュプリンガー賞の最初の受賞者だった。ベルリンに本社を構えるアクセル・シュプリンガーは、ドイツ最大の新聞・雑誌・出版コングロマリットである。

この賞は、イノヴェーションのための卓越した才能を示し、市場を創造、変革し、文化の形成や社会的責任にも直面している優れた起業家の個性に与えられる。さらに受賞者の業績を評価し、それらを発展させることを奨励している。

アクセル・シュプリンガーのCEOであるマティアス・デプフナーは、マーク・ザッカーバーグに賞を授与する理由について、次のように述べていた。

「彼はフェイスブックによって、最も重要なコミュニケーション・メディアを創造したからです。フェイスブックは、私たちの文化を変え、豊かにすると同時に、新たな課題をもたらしました。誰もが、いつでも、好きなことを、多くの人に伝えることができます。しかし、この力をどのように責任を持って使えばよいのでしょうか。マーク・ザッカーバーグは、この問題に集中的に取り組んでいます。この賞の目的は、マークがどんな批判を受けようとも、その道を歩み続けることを奨励するためなのです」

takemura20210824_1.jpg

アクセル・シュプリンガー賞授賞式でのマーク・ザッカーバーグ夫妻(中央)©Axel Springer

VR遠足の意味

2016年2月25日の受賞式で、ザッカーバーグは2014年にフェイスブックが買収したヴァーチュアル・リアリティ(VR)企業「Oculus(オキュラス)」のヘッドセットを用意し、授賞式の参加者と「VR遠足」と題するデモンストレーションを行った。当時EUでは、GDPR(一般データ保護規則)が発効直前で、シリコンバレーのビッグテックへの批判が最高潮に達していた。VR遠足は、フェイスブックに向けられたプライバシー保護をめぐる批判の高まりを一時忘れ、VR世界での人々の交流の可能性を告げるイベントだった。

takemura20210824_3.jpg

授賞式参加者によるVR遠足の風景 ©Axel Springer

それから6年が過ぎたが、VRは一般の生活者に受け入れられてはいない。誰もがオキュラスのVRゴーグルを購入し、VR世界に没入するというフェイスブックの目論見は未だに実現していない。しかし、フェイスブックはVRという言葉を「メタバース」に変え、未だに仮想的世界が実世界とミラーワールドになることをあきらめているわけではない。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米FRB保有資産、MBSなど含み損3300億ドルに

ワールド

ロシア、ウクライナ軍事作戦に膨大な財源必要=財務相

ワールド

トランプ氏「学校に警官配置を」、NRA会合で主張 

ビジネス

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 3

    「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

  • 4

    これぞディズニーの魔法! グラスの氷に現れた「プリ…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 7

    アメリカ軍より優れる──ウクライナ内製ソフトで砲撃2…

  • 8

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    キム・カーダシアンの食品CM、なぜか「食べたふり」…

  • 1

    ロシア空軍が弱いのは何もかも時代遅れだったから

  • 2

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のため? 写真は合成? 事務所に批判

  • 3

    【閲覧注意】ライオンを煽る動物園スタッフに訪れた悲劇

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃…

  • 6

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデン…

  • 9

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 10

    キッシンジャー「戦争終結のためロシアに領土を割譲…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中