注目のキーワード

米政治

ニューズウィーク日本版『米政治』に関する記事一覧

ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省
ウクライナ戦況

ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

<ロシア国内の軍事ブロガーの間でも無能ぶりに厳しい声が上がり始めた> イギリス国防省は5月15日に...

2022.05.16
        
政敵「口撃」は今も昔も不変...だが昔はこんなに言い回しが「巧み」だった(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

政敵「口撃」は今も昔も不変...だが昔はこんなに言い回しが「巧み」だった(パックン)

<現在では「民主党は小児性愛の党!」というような、センスも信憑性もない中傷に「退化」してしまっている...

2022.05.10
米最高裁判事ケタンジ・ブラウン・ジャクソンがバイデンの追い風になる理由
米政治

米最高裁判事ケタンジ・ブラウン・ジャクソンがバイデンの追い風になる理由

<大統領選の公約だった。そしてジャクソンは絶大な支持率を誇っている> 米上院は4月7日、バイデン米...

2022.04.11
        
人種差別主義者は、生まれた時から差別主義者? 米上院議員の「赤っ恥」質問(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

人種差別主義者は、生まれた時から差別主義者? 米上院議員の「赤っ恥」質問(パックン)

<米最高裁判事の候補となっている黒人女性を何とか攻撃しようとして、共和党のクルーズ議員が放った質問が...

2022.04.05
平和のため、アメリカの力を堂々と主張したオルブライト元国務長官【追悼】
追悼

平和のため、アメリカの力を堂々と主張したオルブライト元国務長官【追悼】

<アメリカ初の女性国務長官は「アメリカは不可欠な国」と述べ、衝突を恐れずに自国と民主主義の力を信じた...

2022.03.28
今もトランプは米保守派の1番人気! 集会には「金ぴか像」まで登場
米政治

今もトランプは米保守派の1番人気! 集会には「金ぴか像」まで登場

<黄金色に輝くその威光は、2024年の次期大統領選挙でも輝くか? 現在のところ支持率は59%という共...

2022.03.08
アメリカはウクライナ軍事支援を検討中
ウクライナ情勢

アメリカはウクライナ軍事支援を検討中

<レジスタンスへの武器供与で事実上の「参戦」という道を選べば、悪夢の核戦争へのエスカレートが危惧され...

2022.03.02
アメリカで今「東京ローズ」と日本軍が話題になる理由
ウクライナ情勢

アメリカで今「東京ローズ」と日本軍が話題になる理由

<ロシアのウクライナ侵攻と、#TuckyoRoseのハッシュタグ。一体何が?> 第2次大戦中に名を...

2022.02.28
        
バイデンを苦しめる「三重苦」、トランプ再出馬なら「南北戦争」以来の危機に
CIAが視る世界 グレン・カール

バイデンを苦しめる「三重苦」、トランプ再出馬なら「南北戦争」以来の危機に

<コロナによる社会的制約とインフレへの不満は現職大統領バイデンに向く。トランプの動き次第では全米で暴...

2022.02.15
        
ツイッター「永久追放」された米議員の「陰謀論」、どれだけひどかった?(パックン)
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

ツイッター「永久追放」された米議員の「陰謀論」、どれだけひどかった?(パックン)

<「コロナは危険じゃない」「ワクチンで大勢死亡」などと発信した議員は、これまでにもさらに驚くべき発言...

2022.01.25

人気ランキング

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice