最新記事

行動経済学

都知事の発言から消毒液の矢印まで 世界で注目「ナッジ」は感染症予防にも効く

2021年2月25日(木)17時45分
黒川博文(兵庫県立大学国際商経学部講師)※アステイオン93より転載

たとえば、消毒液の前に矢印が示されていることがあるだろう。矢印に従って、自然と消毒液の前に立ち、消毒をしたのではないだろうか。消毒するかどうかの自由を残しながら、消毒することによって感染を防ぐという社会的に望ましい行動が矢印によって促進される。また、スーパーのレジなどの行列ができるような場所において、テープで立ち位置が示されていることもあるだろう。テープが示す位置に自発的に立つことで、人と人との物理的距離を保つことができた経験はないだろうか。

冒頭に示した都知事の発言もナッジである。新型コロナウイルスに感染しない行動を取ることは自分の利益につながる。他人に感染させない行動を取っても、自分の利益にはつながらないが、他人の利益にはつながる。自分は感染しても自己責任と考えて、感染リスクのある行動を取る人もいるだろう。しかし、そうした人の中でも、「あなたの行動が他人を感染させる恐れがある」と言われれば、感染リスクのある行動を踏みとどまるのではないか。人々は他人の利益になるような向社会的な行動も取ることが行動経済学の研究で知られている。利他心を刺激する文言をメッセージに追加することで、社会的に望ましい行動の後押しをするのもナッジである。

これらのナッジは「情報提供型ナッジ」に分類される。何らかの情報を伝えたいときに、心理学や行動経済学で知られている人間のクセを活用して、メッセージやデザインを工夫することでより良い行動を行えるようにするものである。

もう1つのナッジの分類として「デフォルト設定型ナッジ」がある。デフォルトとは、明示的な意思表示を何もしないときに見なされる選択のことであり、最も効果の高いナッジと言われている。

たとえば、脳死状態になったときの臓器提供の意思表示において、日本では「臓器提供の意思なし」がデフォルトとなっている。意思表示をして初めて臓器提供に同意したことになる。「臓器提供の意思なし」がデフォルトになっている国ではほとんどの人が臓器提供に同意していないが、フランスのような「臓器提供の意思あり」がデフォルトになっている国の同意率は100%に近い。デフォルトが何であれ、選択の自由は確保されており、臓器提供の意思があれば同意するはずである。ところが、このような差が生まれてくるのは、デフォルトの現状から変化することを避ける現状維持バイアスや、臓器提供に同意しようと思っても、つい先延ばしをしてしまう現在バイアスが原因であると指摘されている。

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 8

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月