最新記事

インタビュー

『あなたのセックスによろしく』著者に聞く、フランスのタブー、身体のこと、驚きだった部位の構造

2021年6月11日(金)16時20分
madame FIGARO編集部 ※madame FIGARO.jpより転載
『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』著者ジュン・プラ

『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』著者ジュン・プラ

フランスでいま、大ベストセラーになっている書籍『Jouissance Club(ジュイサンス・クラブ)』の日本語版『あなたのセックスによろしく――快楽へ導く挿入以外の140の技法ガイド』(CCCメディアハウス)が5月29日に刊行された。

インスタグラムのコミュニティとしてスタートしたジュイサンス・クラブは、ポップなイラストとともにユーモラスにセックスを語り、ティーンから大人たちまで幅広い年齢層が支持。フィガロジャポン7月号「ライフステージで考える、女の身体と100年美容」でもその一部を紹介しているが、すべてのセクシュアリティに平等で、豊かなパートナーシップを築く助けになる新感覚の性のガイドブックだ。著者のジュン・プラに、本書を手がけた背景について話を聞いた。

――私たち日本人から見たフランスは「アムールの国」というイメージがあるので、フランスでセクシュアリティを語ることがタブーで、性教育が不十分であることを知り、驚いています。ジュイサンス・クラブによって、そんな社会に何か変化をもたらすことができたと感じていますか?

愛とセックスについてのフランスのイメージは、世界中で少し理想化されていると思います。性教育の問題、(性交渉に関する)同意について、そして性器の構造についてなど、私たちは非常に遅れているのです。

ジュイサンス・クラブを立ち上げて以来、何千ものメッセージを受け取っています。自分の性器の構造がようやく理解できた、初めてオーガスムが得られた、自分の抱えている問題を初めて表現することができた、さらにそれをパートナーと話し合うことができたなどです。それは、この本によって、自分たちの望むことと必要とすることの間に、懸け橋を築くことができるからです。要するに、自分の身体をよりよく理解し、自分に合わないセックスを繰り返す代わりに、自分の身体に耳を傾けるよう手助けしているのだと思います。

――どういうきっかけで、セックスの問題に取り組もうと思ったのですか?

本当のことを言うと、私は性交渉をする年齢になって以来、セックスが好きだからです。とはいえ、これまでに得たたくさんの男性パートナーの中で、挿入にこだわらないセックスを教えてくれたのはたったひとりです。この出会いは私にとって大発見でしたが、ほかのパートナーには、それこそ私が望んでいることだ、と理解してもらうことができませんでした。

17年経って、あるパートナーに、彼の手でヴァギナのどの部分にどう触れるか説明するために、技術的なデッサンを描くことを思いつきました。続いて、いわば私の身体の使用説明書を作るために、ほかのデッサンも描こう、と思ったわけです。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米でオミクロン感染初確認、軽い症状 南アから帰国・

ビジネス

米供給網の混乱、オミクロン株で長期化の恐れ=NY連

ビジネス

米経済、物価高と労働力不足でも「控えめから緩やかに

ビジネス

米国救済計画、インフレ高進への寄与「小さい」=財務

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 7

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 8

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 9

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月