最新記事

インタビュー

「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メイとテイラーが語る50年

Queen’s Golden Jubilee

2021年11月27日(土)18時09分
デービッド・チウ

211130P50_QEN_02.jpg

アダム・ランバート(左)をボーカルに迎えたコンサート(2019年) BOJAN HOHJNEC

フレディは歌が下手だった?

メイとテイラーは大学時代に出会い、スマイルというバンドで活動していた。そこにマーキュリーが加わり、70年にクイーンが誕生した。

「ロジャーも私も初対面でフレディが気に入った」と、メイは振り返る。「やけに威勢がよく、自信満々な男でね。ショーマンシップは抜群だが、歌唱力は疑問だった。フレディは自在に声を操ることでロックの神になったが、当時はまだ声がコントロールできていなかったんだ。だが彼は乗り気だったから、一緒にやってみることにした」

テイラーも証言する。「フレディにあれほどの感性と曲作りの才能があるとは知る由もなかった。でも彼は一緒にいて楽しい奴で、初期のバンドを引っ張ってくれた」

71年にディーコンが参加し、4人組としてレコード会社EMIと契約。74年にロックバンド「モット・ザ・フープル」の前座を務め、「キラー・クイーン」がヒットすると、一気に知名度が上がった。

「ファンが増えたことを実感した」と、テイラーは言う。「ライブでは粋がってみせたし、パフォーマンスの才能はあった。だが自分たちには実力があり、本当にいい音楽をつくることができると思えたのは2、3枚目のアルバムを制作していた頃だ」

75年には4枚目の『オペラ座の夜』とここからシングルカットされた「ボヘミアン・ラプソディ」が売れに売れて、スーパースターへと脱皮。ロックとオペラを融合した全長約6分の同曲は画期的なミュージックビデオも注目され、全英チャートで9週間トップに君臨した。

「フレディが書いた『ボヘミアン・ラプソディ』を完成させようと、4人とも全身全霊で挑んだ」と、メイは語る。

「フレディとロジャーとジョンがスタジオでバックトラックを録音する様子をコントロールルームで見ながら、よし、俺もあそこに入って最高のプレーを聞かせてやると意気込んだのを覚えている」

「オペラ的な部分がどうなるのか(最初は)よく分からなかった」とテイラー。「でも『ママ、人を殺してきたよ』というフレーズを歌ってもらったとたん『これはいい曲だ』と思った」

この後、クイーンは続けざまにアルバム(『華麗なるレース』や『世界に捧ぐ』『ジャズ』)やシングル(「愛にすべてを」や「ドント・ストップ・ミー・ナウ」など)をヒットさせた。イギリスやアメリカ、日本でのコンサートツアーも行った。

目立つ衣装と強気のパフォーマンスで、マーキュリーはセレブの仲間入りをした。奔放な生活を送ったが、性的指向についてはメディアが臆測するに任せた。当時、マーキュリーはこう語っていた。「スターになるつもりはない。伝説になるんだ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

「サル痘」ウイルス、変異確認されず 「制御可能」=

ビジネス

米スターバックス、ロシア撤退 マクドナルドに続く

ビジネス

中国、的を絞った強力な経済支援措置導入へ=国営メデ

ワールド

ウクライナ大統領、「歴史は転換点」 ダボス会議で演

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月